だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

でっかいあかいバスがきた」 みんなの声

でっかいあかいバスがきた 作:ジュディ・ハインドリー
絵:ウィリアム・ベネディクト
訳:久山 太市
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年2月
ISBN:9784566003576
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,628
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みんなで助けてあげます

    2歳10ヶ月の息子に読んでやりました。バスが好きな息子ですが、ちょっと変わった切り口の絵本でした。赤いバスが走っていると、道の大穴にタイヤが落ちてしまい、そこでストップ。その赤いバスの後ろに走ってくる車を次々と停めてしまい、どうなることやら・・・と思ったら、みんなでバスを引き上げ、その穴を避けて通り抜け、最後には穴を埋めてしまい、何事もなかったように道が戻る。バスが主役なのかどうかわかりません。でも、バスが事件を起こしています。そして、それをみんなで解決するという助け合いのテーマなのです。道路も無事に戻ってよかった、とほっとしますよ。

    バイクや工事車両、オープンカーなど様々な車がでてきます。車が好きなお子さんにはおもしろい本かもしれませんよ。

    掲載日:2010/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きな赤いバスが魅力的!

    バスが大好きな息子は表紙から気に入った様子。バスの片輪が穴にはまり立ち往生。後から次々やってくるトラックやオートバイを
     「ストップ!」
    と毎回止めるのがリズムが良く楽しい。

    ロードローラーの使い方も良く分かるし、かなり気に入った様で何度も何度も読みました。読み終わって、表紙を見ると魅力的な大きな大きな赤いバスが目に入り、また読みたくなる様です。

    掲載日:2007/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • インパクトがありシンプル。

    1歳半の息子にはちょっと早い…?と思いつつ,乗り物ラブなので図書館で借りました。
    内容はちょっとまだ理解出来ていない所もありますが、出てくる乗り物を指差しては大興奮です。
    絵の構図も大胆で、でもシンプルで素敵ですね。
    こんなに喜んでくれるなら,この絵本欲しいなあ…と検討中の一冊です。

    掲載日:2007/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロードローラーが最後尾だった理由は?

    表紙の赤いバスの絵。
    すぐに飛びつきました。
    とにかく何よりも「乗り物」を愛する息子のために借りてきた絵本。
    ストーリーは簡単です。
    赤いバスの前輪が、道路の穴にはまってしまった。その後ろから、どんどん車がやってきて立ち往生。
    ところが、前からトラクターがやってきたので、そのトラクターにひっぱってもらい、バスは、穴から脱出。
    そこで娘が言ったのです。
    「でもさ、お母さん。引っ張ってもらって抜け出しても、この後、後ろのタイヤがまた穴にはまっちゃうんじゃないの?」
    大丈夫。みんなは、穴をよけて走っていったので。
    そして、その穴はね、立ち往生していた車の1番最後の車、ロードローラーが直していってくれたのです。
    「な〜るほどね。これって、すごくいい考えじゃない、お母さん?」
    と娘。
    こういう展開になるとは、読んでいても気づきませんでした。
    それで、最後尾の車が、ロードローラーだったのね、と納得!
    単純なお話だけど、終わりよしで、とてもしっくりときます。

    掲載日:2007/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • のりもの好きにはおすすめ!

    図書館で絵本を検索していたら息子が自分でもってきました。表紙の赤いバスも迫力があって素敵!読んでいくとバスだけでなくいろいろなのりものがでてきます。一日に20回近く読む日もあったくらい大好きになりました。単調な繰り返しが覚えやすいのか、すぐ暗記してしまい少しずつ交代で読むなんてこともできるほどになりましたよ。ストップ!とくるまをとめるところでは、私より先に叫んでました。なんだか楽しくなる絵本です。なぜこんなにくるまが好きなの?という男の子にはぜひおすすめです。近々購入予定です。

    掲載日:2006/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大渋滞になったよ!

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子1歳

     絵が国際色豊で、色もハッキリしていて面白いです。
     内容は、バスのタイヤが穴に落ちてしまい、後ろから次々に車が来ても、道をふさいで通れなくなってしまいます。
     しかし、前から来たトラクターがバスを助けてくれました。そして後続に止まっていた、運搬車とロードローラーが穴を直してくれたのです。
     その、渋滞の様子が見開きのページいっぱいに描かれていて、息子は「ながいね〜」と喜んで見てくれました。

    掲載日:2003/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 横長ページが効果的

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     「でっかい赤いバスが来た。ブルン、ブルン、ブルン!ほらそこに! でっかい赤いバスが行く。ブルルルー、ガタン! おっとー!」道路に穴が開いていて、バスのタイヤがはまってしまいます。後ろからは、トラック、オープンカー、オートバイ…。でもバスが動かないので、みんな止まらなければなりません…。
     穴を横断面から見て、止まった車両が横長に列になる見開きの開き(?)ページが圧巻。乗り物の大好きなお子様に。息子も大好きでした。娘はあの穴は誰かが食べてしまって開いた穴だと思っていて、息子の笑いを誘っていました。確かに横から見ると、チョコレートをかじったみたいな穴です。

    掲載日:2002/11/12

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / たまごのあかちゃん / おでかけのまえに

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット