たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

モンスター・ホテルでおめでとう」 みんなの声

モンスター・ホテルでおめでとう 作:柏葉 幸子
絵:高畠純
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1991年11月
ISBN:9784338072120
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,617
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 意外な偶然

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    一年生の長男のために借りてきました。とても面白いから全巻借りてと言うので、どんなものかと私も読んでみました。

    シリーズ第1巻のこの本では、モンスターたちの泊まるモンスター・ホテルに人間のタイチが迷い込みます。たまたまその日はデモンじいさんの1993歳の誕生日でモンスターたちがパーティーをしていましたが・・・。ひょんなことからモンスターたちと人間の子が仲良くなって一緒にパーティーを楽しみます。

    タイチが7歳とのこと、対象読者も同じくらいの年齢の子だろうと思います。

    掲載日:2015/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • けっこういいモンスター

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    モンスターホテルに人間が迷い込んだ!?
    男の子の事情を知ったモンスターたちですが…けっこういいモンスターですねー。
    モンスターでもやさしい心は忘れずに。
    魔女たちは恋愛映画が大好きとか「えっ?本当にモンスター?」と思ってしまいました。
    個性豊かで面白いモンスターたちだなー。

    掲載日:2014/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • モンスターと人間の交流

    今回借りてきた2冊のモンスターホテルのシリーズは人との交流が描かれていて、今までとまた違って素敵なお話でした。

    長女はようやく読んでというだけでなく、自分で黙読するようになってきました。
    この絵本は始まりがいつも同じ言い回しで、読むのに入りやすいんだと思います。
    登場人物は毎回同じ人が出てくるけれど、毎回ゲスト的に何人か新しいモンスターが出てくる。
    そういう読みやすさと新鮮さが6歳の娘にはピッタリみたいです。

    モンスターホテルにはほんとに長女の本好きを後押ししていただいていて、とっても嬉しく思っています。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親しみやすいモンスター

    「モンスター・ホテル」の名の通り、モンスターが経営するホテルに出入りするモンスターたちのお話です。
    登場するのは、日本のモンスターである座敷わらしや仙人、西洋風なミイラ男や魔女、透明人間などなど盛りだくさん。
    ホテルを経営する透明人間はトオルさん。親しみやすい名前ですね(笑)

    モンスターしかいないはずのこのホテルに紛れ込んでしまった人間のタイチくん。
    とある事情で寂しい心を抱えたままホテルに来てしまったのですが。。。

    モンスターとはいえ、出てくる皆はどことなく親しみやすくてちっとも怖くありません♪
    タイチくんの秘密を読み取って、さりげなく誘導してくれるところなんて、優しいですよね。

    シリーズが何冊かあるようなので、続けて読んでみたいです。
    児童書、というより幼年童話の範疇にはいる本ですね。
    文字が大きくて文章の量もそれほど多くないので、自分で本を読めるようになったくらいのお子さんにもお勧めです。

    掲載日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • モンスターの誕生日

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    モンスターホテルシリーズ、あまり読まれてる方がいませんが、
    我が家では上の子も下の子(子悪魔ちゃんのが大好きです)もお気に入りです。

    郵便局の隣の空きビルに、モンスターホテルはあります。
    (ペンキをかぶったため完全な透明ではない)透明人間のトオルさんが管理するそのホテルは、モンスターが泊まるホテル。そこで起きる色んな事件を書いたシリーズです。

    今夜は、悪魔のおじいさんの1993歳の誕生日。お祝いするために、悪魔一族が集まってきます。そこに隣の郵便局の子供が紛れ込んでひと騒動・・。

    見かけは良くないしキャラクターも個性的、でも心は温かいモンスターたちの繰り広げる話は、スリルとユーモアに富んでいて面白いです。
    字が読めて少し長いお話に慣れてきたくらいの子にお勧めです。

    今回のお話は少ししんみりとしてしまいました。悪魔たちいいヤツじゃないかと思いました。

    掲載日:2009/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット