こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 

ちいさなもみのき」 みんなの声

ちいさなもみのき 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:バーバラ・クーニー
訳:上條 由美子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1993年10月20日
ISBN:9784834011623
評価スコア 4.74
評価ランキング 882
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • プレゼントもいいけれど

    クリスマスといえばついついプレゼントのことばかり考えてしまいがちですが、こういう素敵な心表れるストーリーを読むと、本来の楽しさや人と人との交流、本来の心のワクワク感、などなど、生きている上でものでは満たされない大切な何か、をこの本は教えてくれます。心温まる1冊。ぜひクリスマスに親子で読んでみて下さい。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    2
  • 銅版画の様な繊細な線の絵に息をのみました。今の時期にピッタリの絵本なので嬉しくなりました。長い時間が流れるとても丁寧な時間を紡ぐ話で感動しました。モミの木のいい香りがこちらまで漂ってくるような素敵な絵にうっとりしました。1本1本を丁寧に描く作者の心が伝わってくる絵に心を打たれました。クリスマスとは喜びと感謝と共にあるのだという事をモミの木から学びました。丁寧に生きる人たちの素晴らしいクリスマスを見る事が出来とても心が洗われました。クリスマスの時期に読みたい絵本です。

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 本来のクリスマスの喜びとは

    「もりのみんなといっしょにいたい」という小さなもみの木の願い。
    「むすこといっしょにおおきくなっておくれ、あのこがげんきになるように、ちからになっておくれ」というお父さんの願い。
    「じぶんのそばにきてくれる、いきたみどりのきがほしい」という足の悪いちいさな男の子の願い。
    3人の願いが、毎年クリスマスの日に叶います。

    でもある年、3人にとって、
    とっても大きな喜びがやってきました。

    クリスマスというと、
    どうしても、サンタさん、プレゼント、ケーキと連想してしまうけれど、
    本来のクリスマスの喜びとはこういうことなんだと感じ、
    感動しました。

    ピアノを習っている娘たちは、
    絵本の中に楽譜付きのクリスマス曲が載っているのが嬉しい様子。
    一緒に
    おークリスマスツリー、
    おークリスマスツリー、
    みどりのきよ とわに♪
    と歌うと、
    ふるいクリスマスキャロルのメロディーが神聖な雰囲気を醸し出して、
    なんともクリスマスらしい風景になりました。

    これからも、クリスマスの時期には必ず読みたい1冊です。

    掲載日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小さな絵本が…

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、男の子7歳

    昨年末のクリスマス読み聞かせ。
    五年生に選んだのがこの絵本だった。

    第一印象は、
    クリスマスだというのに、地味で小さな絵本。


    スクリーンに絵をうつし、淡々と朗読…。

    足の不自由な男の子のために、
    山から掘り出して、家に飾ったクリスマスツリー。
    翌年には、男の子が、山にツリーに会いに行けたのです。

    子供達が山に向かいつつ、歌うクリスマスソングが
    楽譜付きで3曲載っていました。
    ピアノ伴奏ママのもと、
    朗読の合間に、合唱しました。

    絵本が限りなく大きく感じ、男の子と一緒に山の中にいるような
    壮大で純粋な気持ちになりました。


    挿入歌つきの絵本は、めずらしいですね。
    そして雰囲気にぴったりでした。

    …その後ディズニーランドに遊びに行ったら、
    この3曲が園内に響いていました☆
    この絵本の良さを二度味わうことができました。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • クリスマスの空気

    ひんやりとしたクリスマスの空気が
    感じられる絵本でした。
    クリスマスの絵本も毎年少しずつ手に入れたいと
    思っているのですが、この絵本もぜひとも手元に
    置きたいな。
    静かで美しくて厳かなクリスマスを手に入れる
    ことができるように思うからです。
    バーバラ・クーニーさんの絵もとても美しくていいです。

    掲載日:2010/12/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 森の奥のちいさなもみのきと病気の男の子のお話。
    男の子は足が悪くて一度もベッドから出たことがない。
    男の子のためにおとうさんがクリスマスのお祝いにちいさなもみのきを掘って足の悪い男の子のいる暖かい部屋へ連れてくる。
    そして、もみの木は、クリスマスツリーになる。
    春になるとまた森のはずれのもとの場所にもどしてくれる。
    もみのきが病気のおとこのこを励ましてくれる存在でありながら、もみの木自身も男の子の傍らにいてとても幸福であるように思う。
    そして何度目かの冬、いつまでたっても男の人が来ない・・・
    静かな時の流れ、季節の移り変わりや自然の美しさが描かれていて、温かい。
    クリスマスキャロルの楽譜付き。

    掲載日:2003/12/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 静かなクリスマスの絵本

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     足の悪い息子のために、お父さんは毎年クリスマスになると森の中の小さなもみの木を傷つけないよう根こそぎ運んで行き、春になると森に戻しました。男の子の部屋で美しく飾られるもみの木は、毎年、クリスマスが楽しみです。でも、ある年のこと、お父さんはもみの木を運び出しに来てくれませんでした。
     この、誰ももみの木を連れ出してくれなかったところが、読み手の心を引きつけます。どうしちゃったのかな? でも、その後のクリスマスキャロルとともに発見される事実が素敵で、思わず歌声も弾んでしまいます。作品中、3曲のクリスマスキャロルが挿入された、北国の伝統を感じさせる静かなクリスマスの絵本です。
     

    掲載日:2003/01/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 毎年

    毎年、クリスマスになると読んでしまいます。数あるクリスマス絵本のなかでも、ずっと大好きな絵本です。
    美しい文章の物語は、静かにじわっと心にしみます。そして、何度よんでも最高のラストに、とても幸福な気持ちになるのです。
    バーバラ・クーニーの絵も本当に素敵なので、年齢とわずプレゼントにも良さそうです。

    掲載日:2016/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歩けない子のところへ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    ちいさなもみのきが歩けない子のお父さんに連れられて、歩けない子のもとへ行きます。
    この子は生まれつきあしが悪いようで、ベッドからも立ったことがない様子。
    うちの子にとってそんな子の存在は初めてで衝撃的だったようで、神妙な様子で真剣に聞いていました。
    ラストにその子が立って歩いているところでは嬉しそうにしていました。クリスマスのお話でこういったお話はステキですね。
    人のことをだんだん思うことができるようになってきたのかな。

    掲載日:2016/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かで、厳かな

    シックな挿絵が印象的
    日本ではイベントと化しちゃってるクリスマスですが、
    本当のクリスマスってこんな感じなのかなと思わせてくれる一冊
    静かで、厳かなクリスマス
    マーガレット・ワイズ・ブラウンさんの文にバーバラ・クー
    ニーさんの絵。品があります。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット