くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

すずをならすのはだれ」 みんなの声

すずをならすのはだれ 作:安房 直子
絵:葉 祥明
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784569689180
評価スコア 4
評価ランキング 22,754
みんなの声 総数 1
「すずをならすのはだれ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ミステリアスな雰囲気

    「北風は、高い空で、ぎんのトランペットをふきならして」という表現で始まるのですが、その表現が安房さんらしいなと思います。

    「北風のくれたトランペット」では、北風がトランペットを持っているし、「あめのひのトランペット」もあるからです。

    くすりにする葉っぱを探しているうさぎが、ある家の中に入って行きました。
    家の中からうさぎを呼んだのは誰でしょう?

    とてもミステリアスな雰囲気で進行していきますが、怖さは感じられないお話です。季節的に冬から春にかけて読みたい本です。

    季節の移り変わりをこんな風な感性でとらえることができるのはさすがだと思いました。

    掲載日:2009/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



100年の歳月を超え現代によみがえった幻のおはなし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット