もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

かいしゃにいこう」 みんなの声

かいしゃにいこう 作・絵:松島博司
出版社:新世研
本体価格:\1,600+税
発行日:2001年12月
ISBN:9784880120829
評価スコア 4
評価ランキング 19,432
みんなの声 総数 3
「かいしゃにいこう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 昭和っぽい絵

    4歳の娘がこの本を選んだ時、私の第一印象は
    「うわぁ、昭和っぽいレトロな感じの絵だな!」でした。

    おとうさんが会社に行った後、「ぼくも かいしゃに いってみよう」と
    定期券を自分で作って、一人で電車に乗って出かけていきます。

    娘にとって、パパさんが毎日行く「会社」って、一体何をする所なのか
    謎だらけなので、この絵本に興味を持ったみたいです。

    ぼくのお仕事は、お船の設計。
    「楽しい船」の注文に、3つのお船を設計したのですが、
    どれも楽しそう♪
    私は、電車のお船が一番気に入りましたが、、娘は遊園地のお船がお気に入りです。

    会社のイメージが少し湧いたみたいです。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 父親との接点に。

    この本は父親が日頃何をしているかということを知るよすがに
    なりそうです。
    子供が自分の仕事に興味を持ってくれると
    父親も嬉しいのではないでしょうか。
    こういう本を通じて親子の話が広がっていけると
    自然でいいなと思います。
    この男の子の描いた遊園地の船が楽しそうで乗ってみたいと
    思いました。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 会社に行ってみたい!

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    通勤しているパパになりきって、ぼくも会社へ行きます。
    ジャケットを羽織って、手作りの定期券を持ったら、出発!
    娘は、タイムカードに興味津々です。

    仕事先が造船所とは驚き。
    ここのパパが造船所に勤めているのかな?と思ったら、作者のまつしまさんが
    造船所で働いていた経歴をお持ちなのですね。

    船の設計のおしごとは、難しそうだけどとっても素敵ですね。
    「楽しいおふね」の依頼に本当に楽しい船のアイデアが♪
    ホントにこんな船があったらいな〜とうらやましがる娘の声に息子もやってきて、
    どの船にも大喜び。もちろん一番は電車のおふねでしたが。

    毎日会社に行くお父さん、何してるのかな〜と話し合ったり、
    ごっこ遊びが広がる絵本です。

    掲載日:2008/08/13

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット