おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

バスがきました」 みんなの声

バスがきました 作・絵:谷川晃一
出版社:毎日新聞社
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年04月
ISBN:9784620200231
評価スコア 4
評価ランキング 18,389
みんなの声 総数 8
「バスがきました」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • えーっ?!山寺前、リフトにお乗り換え?!

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    何と言うか、見ているだけで面白い絵本です。ページを開く度に「えーっ?!」と言いながら読みました。絶対ないよな、でも実際あったらかなり笑えるよな、二度見しちゃうよな。個人的にムンクのページがお気に入りです。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • なにかがおもしろい!!

    この絵本を読み終えた感想は、何かわからないのですが、
    何かおもしろい・・・、という感じでした。
    絵もちょっぴり古くさい感じで、内容もばかうけーって
    こともないのですが、じんわりとくるおもしろさがあり
    ました。
    たんたんと進んでいく感じが、意外と心地よかったです。
    娘もけっこう気に入っていました♪

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も楽しめるバスの本

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    バスが大好きな息子。
    図書館でこの絵本を探して持ってきました。
    私は、どうもバスが強調されて物語があまり無い絵本が苦手です。
    が、この絵本は楽しい!私も楽しめる珍しい1冊です。
    「バスが来ました。魔女、ほうきにお乗り換え」と、バスから色々なものに乗り換えていきます。
    ページ数は多めですが、最後まで楽しく読み進めます。
    テンポの良い文章も読みやすいです。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次の乗り換えは?

    「バスがきました」のタイトルで、バスの上にほうきに乗った魔女たちが気になって選びました。バスから降りての乗り換えにだったので凄い展開ですが、次はなんに乗り換えるのかが楽しみに捲りました。乗る人も普通の人でないのが、ユニークでした。登場人物も小僧さんだったり、魔女だったり、仙人だったりと貸切で団体客でぞろぞろとバスから降りるのが面白かったです。スーパーマンが懐かしかったです!

    掲載日:2011/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳7ヶ月の息子に読んでやりました。バスが好きなので読んでやったのですが、ヘンなお客さんがぞろぞろと降りてきて、みんな乗り換えていくストーリーです。

    ヘンなお客さんとは、ちょっと通常ではありえない、それもあまり気持ちのいい系統ではありません。お坊さん、仙人、スーパーマン、インディアン、火星人、ドラキュラ・・・。私は途中で読むのをやめてしまいました。寝る前の楽しいお話タイムのはずが、悪夢を呼んでしまうような気がしたので・・・。

    恐いキャラクターが苦手なお子さんにはお勧めができない本ですね。

    掲載日:2011/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な登場人物達

    偶然図書館で手にして、車好きな息子に借りてみました。
    バスが出てくる絵本はたくさんありますが、ちょっと不思議な世界です。はじめは、三歳児は理解できるのかな?!と思うような登場人物(魔女とか仙人とか透明人間とか・・・)がたくさん出てくるので、面白くないかな、と思ったのですが、子供なりに気に入ったみたいで、何度か読んで欲しいとせがまれました。
    ページをめくるたびに、異なる世界が登場するのが楽しいのかもしれません。

    掲載日:2010/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな人が乗ってくるんだね

    バスっていうと、バスに乗ってどこかに行くお話が多いと思うんだけど...
    これは、バスに乗っている時のお話ではなく、バスを降りた後のお話という、ちょっと変わった絵本です。
    表紙の絵が、バスの上に空飛ぶ魔女という、ちょっとどういう展開のお話なのか想像がつきませんが、めくっていきなり笑えます。
    バスに乗るのは、何も「普通」の人ばっかりじゃないものね。
    次は何?次は誰?どんな人が出てくるかな?
    めくるのがとても楽しみな絵本です。

    掲載日:2009/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色んなバス停、色んな乗客。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    むらからやまへ、やまからまちへバスが走ります。
    バスがきました。
    「やまでら前、リフトにお乗り換え。」とたくさんの小坊主さんが、リフトにぶら下がって、山寺へ向かいます。
    次は、「まじょひろば。」
    色んなバス停で、色んな乗客が降りて、それぞれの場所へ向かいます。なかには、まさかこんなものまでという思いもよらないものがいたりして、なかなか楽しめます。背景の描き方も、それぞれの乗客に合わせて工夫されていてとても面白いと思いました。作者の遊び心満載、こんなお客さんを乗せるバス、想像するととっても楽しくなりますよ。

    掲載日:2008/08/14

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット