十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

まほうのえのぐ」 みんなの声

まほうのえのぐ 作・絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1997年8月15日
ISBN:9784834012804
評価スコア 4.73
評価ランキング 881
みんなの声 総数 109
「まほうのえのぐ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

109件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • お絵描きの愉しみ

    娘もお絵描きが好きなので、楽しく読む事ができました。
    よく見ると森の動物たち、それぞれが個性的な絵を描いているのも興味深かったです。

    スズメの絵が人間のおじいさんの絵だったり(いつもエサをくれる人なのでしょうか?)
    カラスの絵が都会のビル郡だったり(よく飛び回っているのかな?)
    クマの絵がかわいい緑色のクマの絵だったり(自画像?それとも好きなお友達?)
    キツネはしっぽを筆にしてカラフルな抽象画を描いていたり…
    森の木にも表情があって、お絵描きするみんなを見守っているのも印象的でした。

    主人公、よしみちゃんの絵は?
    裏表紙で見る事ができます。
    確かに、これはお兄ちゃんもびっくりですね!

    娘も2歳の頃は、絵の具を持たせるとよしみちゃんの様に濃い色で塗りつぶす感じだったのでなつかしく思い出しました。最近は準備と後片付けが面倒で(親の怠慢ですね)、家で絵の具を使ってお絵描きしていなかったので、これを機に親子でやってみたいと思います!!

    掲載日:2010/09/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • オチが・・・

    林明子さんの絵本は大好きで何冊も持っています。
    主人公になる女の子が娘は大好きでどの本もお気に入りです。
    ただこちらは、なぜかあまり興味を示さず。
    なんというかちょっとわかりにくいように思います。
    特に最後のオチが、おもしろいようなそうでもないような、不思議な終わり方なので。
    ちょっと現実的ではない絵本でわかりにくかったです。

    掲載日:2016/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな風に絵が描けたら

    お兄ちゃんの絵の具を借りて、よしみちゃんが描いた絵は色がぐちゃぐちゃに混ざり合った茶色い絵。でもある出会いから、ただの絵の具はまほうの絵の具のように活躍し始めます。しっぽを使ったり、体全体を絵筆にして絵を描く動物達はとても楽しそうで、こんな風に楽しみながら絵を描くことが出来たらなぁと羨ましくなります。お話を読み終えた後は、それぞれの動物が描いた絵をじっくり眺めるのがお約束。スズメの描いたこのおじさんは一体誰だろう?カラスはいつもこういう風景を見ているんだなぁ、と想像が広がります。

    掲載日:2016/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の具でおえかき

    色鉛筆、クレヨンなんかで絵を描かせることは

    ありますが、絵の具はまだ経験させてません。

    水をこぼされては大変、絵の具が服についたら大変

    そう思ってましたが、逆に絵の具の方が、

    アートな雰囲気でるかもしれませんね。

    この絵本の女の子はあきらかに幼いですが、

    抜群に絵がうまくかけてました。

    裏表紙にその絵が描かれてますが、すごいです。

    おにいちゃんがひっくり返ったのがよくわかります。

    優しいタッチの絵が和みました。

    掲載日:2016/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵とストーリーをよく見て楽しむ。

    林明子さんの絵本、描かれる絵が好きで
    いろんな絵本を読みました。
    かなり読んだつもりでしたが、
    こちらは1997年とのことで、
    私にとっては絵本の読み聞かせも終わり
    子供たちが自分で読める年齢に達していたからか、
    見落としていました。
    最近見つけたわけです。
    よしみちゃんとお兄ちゃん、
    絵の具、森の動物たち、
    夢物語のようでありながら、
    よしみちゃんの表情と気持ちが伝わってきて、
    たくさん読んできた林明子さんの絵本ワールドが
    ここにもあったと感じました。
    絵を隅々まで見たり、童心に戻る気持ちで
    これからも出会いたい絵本です。

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわかする絵

    絵具を使いたいよしみちゃん。
    やっとお兄ちゃんから借りた絵具。
    しかしヘビが持って行ってしまいます!
    追いついたところでは動物たちが・・・!

    みんなでお絵かきした方が、一人で色を混ぜているより楽しいですよね。

    最後のよしみちゃんの絵の上達ぶりにはお兄ちゃんも私もびっくり!
    そりゃ、まほうのえのぐですものね。

    掲載日:2016/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキな絵☆

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、女の子3歳

    林さんの絵本はどれもすてきです。
    お絵かき大好きの我が家では、この絵本は特に気に入りました。

    女の子の表情や動物が素晴らしいです。
    最後の絵は
    子どもも驚いていました。
    文章がフリーハンドの枠で囲まれていたり、
    見返しが虫が動いていたり
    初めて使う絵具をとっても遊んでいる感じが嬉しい。
    楽しくて、カラフルな絵を自分も描きたくなる一冊です。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の具を使いたくなります

    5歳次女が借りてきました。

    よしみちゃんがお兄ちゃんが使っている絵の具とパレットを見て、自分も借りて描くことに。でも、描いているうちにへびに絵の具を取っていかれたり…。追いかけるとそこにいろんな動物たちがやってきて…。

    読んだ後に絵の具でお絵かきしたくなる絵本ですよ。そして、出来上がったよしみちゃんの絵がとっても素敵です。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵のせんせい

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     この絵本は、娘の絵のせんせいになりました。
    魔法のえのぐを信じるも、信じないも、
    それはそれぞれのひとの、子どもの、感性です。
    主人公よしみのお兄ちゃんが、妹の描きあげた絵を見て
    「本物の 魔法のえのぐだ!」と驚いたことでもわかります。

     ここには、こどものせかいがあふれていました。
    現実と想像の世界とを、先導してくれる虫たち、鳥や動物たちが、
    無言ですがまるで、私たちにささやきかけるかのように
    中へ、森の中へ、えほんの中へと誘ってくれました。

     こどものせかいで描きあげた絵が、現実のものとして
    絵本の裏表紙に飾られている!なんて素敵な発想でしょう。
    何よりも、「そのえのぐ」まみれになった満足顔の主人公に、
    見えないけれど、とても響くものをもらったようでした。

     林明子画伯こそ、魔法のえのぐのをお持ちです。
    感謝

    掲載日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妹の天才っぷり♪

    兄と妹の、とてもかわいらしい関係を描いた、素敵な絵本です。
    林明子さんの絵は、いつ見ても、なんだかほっとしますよね!!
    人間の描写ももちろんですが、動物たちのかわいらしいこと♪
    読み聞かせ中、つい絵に見とれてしまって、ページをめくらない・・・、
    なんてことが続いてしまいました(笑)。
    最後は、まほうのえのぐで、素晴らしい絵ができあがって・・・!!
    妹さん、天才です♪

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

109件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(109人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット