まじょまつりにいこう まじょまつりにいこう
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎは、ねこしかさんかできないまじょまつりにいきたくてしかたありません。そうだ!へんそうすればいいんだ。ところが・・・・・・。

まほうのえのぐ」 みんなの声

まほうのえのぐ 作・絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1997年8月15日
ISBN:9784834012804
評価スコア 4.73
評価ランキング 950
みんなの声 総数 112
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

112件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • お絵描きの愉しみ

    娘もお絵描きが好きなので、楽しく読む事ができました。
    よく見ると森の動物たち、それぞれが個性的な絵を描いているのも興味深かったです。

    スズメの絵が人間のおじいさんの絵だったり(いつもエサをくれる人なのでしょうか?)
    カラスの絵が都会のビル郡だったり(よく飛び回っているのかな?)
    クマの絵がかわいい緑色のクマの絵だったり(自画像?それとも好きなお友達?)
    キツネはしっぽを筆にしてカラフルな抽象画を描いていたり…
    森の木にも表情があって、お絵描きするみんなを見守っているのも印象的でした。

    主人公、よしみちゃんの絵は?
    裏表紙で見る事ができます。
    確かに、これはお兄ちゃんもびっくりですね!

    娘も2歳の頃は、絵の具を持たせるとよしみちゃんの様に濃い色で塗りつぶす感じだったのでなつかしく思い出しました。最近は準備と後片付けが面倒で(親の怠慢ですね)、家で絵の具を使ってお絵描きしていなかったので、これを機に親子でやってみたいと思います!!

    掲載日:2010/09/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • わくわく

    絵の具をへびがもっていくところから、するするっとファンタジーの世界へつれていかれました。
    自由に創作することのわくわくした気持ちが伝わってきて、自分も絵をかきたくなります。
    おはなしも絵もすてきで、ずーっと心にのこる絵本だと思いました。

    掲載日:2017/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 100年先にも残る作品♪

    うわ〜っ、なんかなつかしい・・
    久し振りに林さんの作品が
    表紙で置いてあったので
    ゆっくり読も〜っと

    う〜ん
    やっぱり名作だなぁ〜

    2人の表情はいいし
    「こんとあき」の
    おばあちゃんの笑う姿にも似ているんだよねぇ
    木の顔もいいし
    「もりのかくれんぼう」も思い出すし
    動物がリアルなんですけど
    かわいらしいんだよね

    絵を描いている姿や
    その作品もその動物らしい!!

    点描を描いているしゃくとりむしが
    どうしても気になりますよね(笑

    いいわぁ〜
    ほんと、いいわぁ〜

    もしかしたら
    林さんが小さい頃に
    本当に体験したおはなしなんじゃないかしら
    と、想像してしまうのでした

    って、あれ!?
    感想を書いてなかったなんて・・・
    と、今、慌てて書かせていただきました

    すご〜い人数の皆さんの感想にも
    ひとつひとつ
    なるほど〜
    そうだよね〜
    わかる〜
    と、つぶやいています

    数多くある絵本の中でも
    100年先でも読まれている名作だと
    私は、思います!!

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森の中の楽しい展開

    チューブから絞り出して使う絵の具は、クレヨンしか持ったことのない
    小さかった私には、使ってみたいあこがれの道具でした。
    この絵本を読み始めたとき、そのことを思い出しました。
    へびが赤い絵の具を持って運んでゆくところあたりから、
    日常の風景からスーッとそれてゆき、予想外の展開となります。
    森の中の楽しい様子がかわいい絵で楽しめます。

    掲載日:2017/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • オチが・・・

    林明子さんの絵本は大好きで何冊も持っています。
    主人公になる女の子が娘は大好きでどの本もお気に入りです。
    ただこちらは、なぜかあまり興味を示さず。
    なんというかちょっとわかりにくいように思います。
    特に最後のオチが、おもしろいようなそうでもないような、不思議な終わり方なので。
    ちょっと現実的ではない絵本でわかりにくかったです。

    掲載日:2016/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな風に絵が描けたら

    お兄ちゃんの絵の具を借りて、よしみちゃんが描いた絵は色がぐちゃぐちゃに混ざり合った茶色い絵。でもある出会いから、ただの絵の具はまほうの絵の具のように活躍し始めます。しっぽを使ったり、体全体を絵筆にして絵を描く動物達はとても楽しそうで、こんな風に楽しみながら絵を描くことが出来たらなぁと羨ましくなります。お話を読み終えた後は、それぞれの動物が描いた絵をじっくり眺めるのがお約束。スズメの描いたこのおじさんは一体誰だろう?カラスはいつもこういう風景を見ているんだなぁ、と想像が広がります。

    掲載日:2016/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の具でおえかき

    色鉛筆、クレヨンなんかで絵を描かせることは

    ありますが、絵の具はまだ経験させてません。

    水をこぼされては大変、絵の具が服についたら大変

    そう思ってましたが、逆に絵の具の方が、

    アートな雰囲気でるかもしれませんね。

    この絵本の女の子はあきらかに幼いですが、

    抜群に絵がうまくかけてました。

    裏表紙にその絵が描かれてますが、すごいです。

    おにいちゃんがひっくり返ったのがよくわかります。

    優しいタッチの絵が和みました。

    掲載日:2016/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵とストーリーをよく見て楽しむ。

    林明子さんの絵本、描かれる絵が好きで
    いろんな絵本を読みました。
    かなり読んだつもりでしたが、
    こちらは1997年とのことで、
    私にとっては絵本の読み聞かせも終わり
    子供たちが自分で読める年齢に達していたからか、
    見落としていました。
    最近見つけたわけです。
    よしみちゃんとお兄ちゃん、
    絵の具、森の動物たち、
    夢物語のようでありながら、
    よしみちゃんの表情と気持ちが伝わってきて、
    たくさん読んできた林明子さんの絵本ワールドが
    ここにもあったと感じました。
    絵を隅々まで見たり、童心に戻る気持ちで
    これからも出会いたい絵本です。

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんわかする絵

    絵具を使いたいよしみちゃん。
    やっとお兄ちゃんから借りた絵具。
    しかしヘビが持って行ってしまいます!
    追いついたところでは動物たちが・・・!

    みんなでお絵かきした方が、一人で色を混ぜているより楽しいですよね。

    最後のよしみちゃんの絵の上達ぶりにはお兄ちゃんも私もびっくり!
    そりゃ、まほうのえのぐですものね。

    掲載日:2016/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキな絵☆

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、女の子3歳

    林さんの絵本はどれもすてきです。
    お絵かき大好きの我が家では、この絵本は特に気に入りました。

    女の子の表情や動物が素晴らしいです。
    最後の絵は
    子どもも驚いていました。
    文章がフリーハンドの枠で囲まれていたり、
    見返しが虫が動いていたり
    初めて使う絵具をとっても遊んでいる感じが嬉しい。
    楽しくて、カラフルな絵を自分も描きたくなる一冊です。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0

112件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



押して振ってこすって…全身で楽しむ絵本!

みんなの声(112人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット