にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!

きゅうりさんととまとさんとたまごさん自信を持っておすすめしたい みんなの声

きゅうりさんととまとさんとたまごさん 作:松谷 みよ子
絵:ひらやま えいぞう
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1999年10月
ISBN:9784494001712
評価スコア 4.07
評価ランキング 19,150
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 奇想天外な展開・・

     きゅうり、とまと、たまご・・とおなじみの食べ物が登場しますが、この絵本のユニークなところは、これらの食べ物が、靴にのって川下りを楽しむところです。なんとも、変わった展開ですが、繰り返し出てくるセリフと身近な食べものが息子にはウケた様子。繰り返し読まされました。

    掲載日:2012/10/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • すいすいちゃぷちゃぷの魔法

    最初、面白さがわからなかったんですよね。
    それが、子供は気に入ったみたいで何度も何度も読んでと絵本を渡すんです。
    それで、何度も読んでいるうちに、
    きゅうりさんととまとさんとたまごさんがイキイキしてきました。

    きゅうりさんがぼくもふねになるって川に飛び込んだところでは自分がキュウリになった気持になって、飛び込んでとっても気持ちがよくなっていました。

    すいすいちゃぷちゃぷ・・の気持ちの良いリズムに
    秘密があるんでしょうね〜。

    掲載日:2007/11/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 平和な絵本。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    きゅうりととまとが挑戦しても、あえて挑戦をしないたまご。最後は皆でサンドイッチにでもなるのかと思いきや全くそうではなく、でも赤ちゃんに対して穏やかな気持ちで読める絵本でした。あえて顔が描かれていないというのもいいですね。

    掲載日:2017/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • いっとうしょうはだあれ?  

    あかちゃんのおいしい本 
    子どもの心をうまくとらえた絵本です
    きゅうりさんが かわのそばをさんぽしていたら くつがかたっぽ 流れてきた
    これをおふねだ   すいすいちゃぷちゃぷ 言葉もうまいですね
    さすが 松谷さんです
    こんどは 赤いトマトが わたしものせて 
    こんどはたまご    ほんと くつがきゅくつそう 
    ここからの発想が抜群です きゅうりの おふね すいすい ちゃぷちゃぷまねして とまとも   わたしもふねになりたい

    そして たまごは?
    ここは たまたまふねにのった おりないよだって 笑えるんです

    ラストの   いっとうしょうは だあれ 
    ここに 子ども心をとらえる うまさがありますね
    絵もステキです 
    いい絵本はいつまでも大切にしたいですね

    掲載日:2017/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 【あらすじ】
    きゅうりさんが、川のそばをお散歩していたら、靴が片方流れてきた。
    これをお舟だと思ったきゅうりさんは、勝手に乗り込み、川下りを楽しむことに。
    途中、とまとさんとたまごさんがやってきて…

    赤ちゃん向けの、楽しい絵本。繰り返される擬音語のリズムが軽快。
    全国学校図書館協議会選定 第28回「よい絵本」

    【感想】
    赤ちゃん向けの「よい絵本」は、どういう感じなのか興味があって読んでみた。
    きゅうりさん、といっても、よくあるようなキャラクター化されている感じはなくて、
    そのまま八百屋で売っているきゅうりをもってきただけの、きゅうりさん。
    トマトさんも、たまごさんも、素材そのままで、本物感あふれる。
    キャラクター化して、目鼻がついていないので、どこを見ているかわからない。それが、シュールで、想像力をかきたて、前衛芸術のような印象すら持った。

    本気です。

    可愛くキャラクター化していない事が、かえって、この作者の本気ぶりが伝わってきました。赤ちゃんや子どものご機嫌取りではなく、幼児によいものを与えようという真心が伝わってくるようです。
    キャラクター化してしまうと、好みの流行があるから、古くなってしまう。敢てきゅうりはきゅうりのまんまだから、時代が流れても大丈夫。(古くなった絵柄には、レトロな魅力や懐古主義的な楽しみ方もあるが…)
    話の流れが、妙な感じで、どこにたどり着くのかわからず、断片的な記憶を切り取ったような、意外さがある。
    どう見ても、自分には前衛芸術のように感じられました。おどろきの絵本。

    掲載日:2017/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • きゅうり・とまと・たまご美味しそう

    とっても調子よくリズミカルに読めます。{すいすい ちゃぷちゃぷ
    ちゃぷちゃぷ すいすい}が、読んでてもまるで、自分まで一緒にお靴に乗っているみたいな気持ちになってきます。転がり方が、未知の世界へ誘うようです。きゅうりさん・とまとさん・たまごさんの呼び名もかわいいです。絵が本物みたいで、美味しそうで、食べたくなります。本物みたいな絵に、「さん」づけがマッチしてます。松谷みよ子は、読んでる人にも優しくさせる魔法の術があるようです。

    掲載日:2008/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな本の1つです

    • パッソさん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子2歳

    好きで何回も繰り返し読んでる本です
    言葉の響きがいいのか絵がいいのか
    言葉も繰り返しが多くわかりやすいのかも
    卵も入って靴の中はきゅうくつきゅうくつ
    のところが大好きです
    そこでぎゅっと抱きしめてきゅうくつにすると
    とても嬉しそうにしています

    掲載日:2008/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 松谷さんの本

    松谷さんの本は私の母のお勧めです。初めて娘のために買った本も松谷さんの本でした。このきゅりさん、たまごさん、とまとさんと物に対してさんを付けて読んでいるところが好きです。松谷さんの優しさが言葉に表れている気がします。きゅうりさん、とまとさん、たまごさん、みんなでたのしそうです。むすめに水浴びをさせたくなる本です。

    掲載日:2007/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • お船になりまーす。

    たまごが「ぼく たまたまふねにのったんだもの」っていうんですが、
    この駄洒落はまだまだ子供たちには通じないんですよね…。
    残念ながら。おちなのに…。
    きゅうりが靴の中でいう「きゅうくつ きゅうくつ」もか・・・。
    伝わらないと読み手はちょっと恥ずかしい。

    掲載日:2007/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 踊る食材?!

    • MAYUMIさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子22歳、女の子20歳、女の子18歳

     表紙で踊る野菜達。
    タイトルそのままの新鮮なきゅうり&とまと&たまご。
    何だかわからないけれど楽しそうです。
    身体をゆっさゆっさ、るんるんるん・・・って感じです。
    【あかちゃんのおいしい本】というから、
    『しろくまくんのホットケーキ』みたいな内容かな
    と思ったら・・・まったくのハズレ!
    三人(?)が靴に乗って、
    すいすいちゃぷちゃぷ・・・です。
    何で??・・・想定外の展開。
    だけど、言葉の響きがとっても楽しくて癖になりそうです。
    親しみやすい絵と言葉の音を楽しみましょう。
    今夜の夕食には、
    トマトとキュウリとタマゴでサラダでも作ろう・・・っと。

    掲載日:2007/01/16

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はじめてずかん415』 編集者 瀬島明子さんインタビュー

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.07)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット