なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

アンジェリーナとなかよしアリス」 みんなの声

アンジェリーナとなかよしアリス 作:ヘレン・クレイグ キャサリン・ホラバード
絵:ヘレン・クレイグ キャサリン・ホラバード
訳:きたむら まさお
出版社:大日本絵画 大日本絵画の特集ページがあります!
本体価格:\980+税
発行日:1988年
ISBN:9784499206204
評価スコア 4
評価ランキング 18,457
みんなの声 総数 7
「アンジェリーナとなかよしアリス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アンジェリーナがかわいそう…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    アンジェリーナが上級生にからかわれて、さらには仲良しのはずのアリスまでいっしょにくすくす笑いをして行ってしまうなんてショックでした。こういうことってあるのかもしれないと思いますが…つらい思いをしてしまうアンジェリーナがかわいそうでした。
    上級生にからかわれるきっかけとなった逆立ちを始め、いろいろと教えてくれるのはアリスでしたが、一言なにかほしかったです。書かれてはいないですが、アンジェリーナに取った態度を反省しているのかな?と思いました。
    いくつかアンジェリーナのお話を読んでいますが、このお話はリクエストされません。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良かった。

    5歳長女が幼稚園から借りてきました。最近長女はパーッと自分で読むようになったので、4歳次女と一緒に読みました。

    アンジェリーナとアリスは仲良し。でもアリスがアンジェリーナが逆立ちで落ちてしまったときに、上級生と笑って帰ったのです。何だかとってもショックを受けてしまいました。長女がもうすぐ小学校なので、こんなことあったらどうしよう・・・。娘は大丈夫なんか?など・・・。でも、良かった!最後は元通り。こんあこともありながら、大きくなっていくんですね。

    掲載日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • つらい経験

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    逆立ちが上手く出来ないだけで、仲間外れにされてしまうなんて、ちょっと子供にとったら残酷な出来事です
    ・・・また良く起こりうることかもしれません

    でもアンジェリーナは体調不良を起こしながらも学校へ通いました
    この強さがきっとアリスにも伝わったのでしょうか、練習につきあってくれることに・・・・
    お話には書いてないですが、仲間外れにしたことをアリスもまた後悔したんじゃないかしら・・・?
    ラストを見ると先生の指導力のたまもの?

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっと言わせるパフォーマンス

     2歳からバレエを習っている娘は、このシリーズといっしょに大きくなった、と言ってもいいくらい、いろんな場面で、または節目で、アンジェリーナのお話を読んできました。

     今回のお話の中には、バレエのシーンは登場しないのですが、代わりに、体操や新体操の楽しさがいっぱい! 娘も、早速、本を読んでいる途中に、ベッドから飛び下り、壁に向かって逆立ちを始めました! でも、アンジェリーナのようにすぐに倒れてしまい、うまくできません。

     バレエの時と同じく、がんばりやのアンジェリーナは、なかよしアリスの助けを借りながら、どんどん上達していきます。「アンジェリーナ、コロンジェリーナ!」と、からかっていた上級生たちを、あっと言わせるパフォーマンスは、本当に見事ですね。

     娘にも、チャレンジする心を持ち続けてほしいな、と願っています。

    掲載日:2010/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲良しさんとのすれ違い

    フィギュア好きが派生して、バレエや新体操にも憧れを描く娘が一発ノックアウトされたシリーズです。
    なかよしのお友達との突然のすれ違い。
    娘はしーんみり聞いておりました。思い当たることもであるのかと思うぐらい。
    ちっちゃな体なのにパンパンの寂しい気持ちが、読み手にも伝わってきます。まるで自分のことのように。
    小学校低学年ではよくありそうなと思って読みました。女の子社会をよく表しています。

    今回はバレエでなく体操でしたが、女の子のツボを心得たリボン体操。好きなお子様、多いのではないでしょうか。

    掲載日:2008/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 学校が舞台

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    バレエが大好きなアンジェリーナというねずみの女の子のお話シリーズです。

    学校で同じく体操やバレエが好きなアリスと出会い、ふたりは仲良しになりましたが・・・
    いじめのきっかけってこういうことなんじゃないかな〜
    アンジェリーナの小さなハートが押しつぶされそうな気持ち、ひしひしと伝わってきます。

    入学を控えて、こういったお話の内容で親子で少し考えたり話したりできてとてもいいきっかけをもらえたと思います。

    バレエ好きじゃない方にも、このアンジェリーナは手にとりやすいお話だとおもいます。

    掲載日:2007/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さなねずみたちのお話です

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     アンジェリーナはアリスととてもなかよし。なぜって、アリスもアンジェリーナと同じようにダンスや体操が好きだから。ところがある日、アンジェリーナがさか立ちに失敗すると、上級生たちと一緒になってアリスがアンジェリーナのことを笑ったのです。なかよしのはずだったのに…。 
     このねずみのアンジェリーナシリーズは英米でとても人気のある絵本です。まず、物語の展開がどの作品もしっかりしていることと、挿絵が人気画家ヘレン・クレイグによるものということがその理由にあげられるでしょうか。アニメーションにもなっていて、うちの地域では日曜日の朝放映。登場人物たちのイギリス英語の発音が魅力的です。お人形(ぬいぐるみ)、グリーティングカードもあります。
     日本語にはこの作品のほか5冊出ているらしいのですが、この作品しか手に入りませんでした。でも今年の夏、娘が体操教室に通ったとき、この絵本で見かけた体操やダンスのシーンが思い起こされたらしくとても喜びました。今でも娘は「アンジェリーナ、アンジェリーナ!」と叫びながら、よくバレエや体操のポーズをとっています。「アンジェリーナとなかよしアリス」は体操のお話ですが、他の作品にはバレエの場面がよく登場します。
     また、男の子ですが息子はこのアンジェリーナシリーズが大好きでした。今はどうかわかりませんが。特に好きだったのが、「アンジェリーナとおまつり」と「アンジェリーナのはつぶたい」(共に英語版)。2冊とも弟のヘンリーが登場し、お話をかき回すところが好きだったみたいです。バレエをしているお子さんには絶対お勧めです。対象は、学校生活が登場することからも年長から小学校低学年ぐらいでしょうか。

    掲載日:2002/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット