モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

<ボード・ブック> コロちゃんはどこ?」 みんなの声

<ボード・ブック> コロちゃんはどこ? 作・絵:エリック・ヒル
訳:松川 真弓
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784566005297
評価スコア 4.61
評価ランキング 2,994
みんなの声 総数 53
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

53件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • もう成人してしまった(30歳に近くなった)上の子たちが大好きな絵本でした。

    何度も何度もくり返し、くり返し読んだので、しかけが取れかかってしまうほどでした。ドアの向こうにくま、柱時計の中にヘビ、ピアノの中にカバ・・・いろんなものが、思わぬところに隠れていて、それぞれ違った言い方で、“コロちゃんはここにいない”ってことを伝えてくれます。

    「ちがうよ」「おりません」「いいや」「おらんぞ」「いない」「いないぜ」「ちがう ちがう ちがう」・・・

    何度も読んでいるうちに、そのセリフも覚えて、その動物になりきって一緒に答えてくれたものでした。

    そして・・・最後にカーペットの下にいたカメが「バスケットをみてごらん」というと、コロちゃんのママの気持ちになって、ふわ〜っと表情もゆるみ、ページをめくるのも待てないくらいでした。

    ママとコロちゃんが出会えた時の安心感を、幼い心はしっかりと受け止めていたようでした。自分で歩けるようになって、どんどんお友達と遊ぶようになっていく1歳の後半から2歳くらいのころに、大好きだった絵本。ママはちゃんと見ていてくれる、探し出してくれるという安心感があったからこそ、子どもたちは次々と新しいことにチャレンジ出来たに違いありません。

    そんな母と子の気持ちを繋いでくれた絵本でした。

    そのうち、孫ができたらぜひ読んであげたいなと思います。そのボロボロになった絵本で!(もちろん新しいものも購入して)

    掲載日:2015/10/06

    参考になりました
    感謝
    3
  • 言葉遊び

    簡単な言葉と、かわいいコロちゃん、
    めくって遊べて、カラフルな色合い。
    娘には全部がヒットしてました〜!
    特に、「おらんぞ」は、めったに使われない言葉ということもあり
    楽しそうに笑って、もう一回!と何度も読むほどに。
    短いのでもう1回!!のアンコールにも気軽に応えてあげられるのも
    読む側としては嬉しいです。
    プレゼント絵本としても喜ばれると思います♪

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • もうちょっと丈夫なら…。

     「コロちゃんはどこ?」のボードブックがあるということに気付き、すぐに購入しました。隠れているものを探すということは赤ちゃんは大好きですよね。

     しかし、もうちょっと丈夫なつくりだともっと良かったな…と正直思いました。まだ家のこの本は新しいので壊れたり破れたりはしていませんが、時間の問題かなと思います。まあ、仕掛け絵本なのでしょうがないのかな…とも思いますが…。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • しかけをめくる楽しみ!

    最近配本で送られてきて、娘(1歳10カ月)と読みました。

    仕掛けをペラっとめくるのがとても楽しく、
    小さい指で一所懸命めくります。
    読み終わっても必ず「もいっかい!!」

    仕掛けの中に色んな動物が隠れているのも、
    発音できる動物が増えてきたこの頃にピッタリで、
    「さるさんだね」とかたくさん会話しながら読んでいます!

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一歳からたのしめる

    一歳になってすぐのころ、この本を見せてみました
    ちょうど手先が器用になり始めて、しかけ絵本が大好きな頃だったので
    楽しそうにめくっていました。
    が、めくるところがべり、と。。。
    力の加減ができない年頃で買ってそうそう丸見えになってしまいました。

    小さいころは文章をそのまま読むより
    ころちゃんどーこだ、と繰り返しの文章を(作って)読んでみせていましたが
    めくるのは楽しいようです。

    掲載日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • コロちゃん探し

    幼稚園時代に読んだ絵本です。

    コロちゃんを自宅で探していくのですが、仕掛けがあるので子供は気に入っていました。

    でも、自宅でコロちゃんを探しているのに、なにやら、ライオンとか、いろんな別の種類の動物を発見したのがおかしかったです。家族なのかしら。

    掲載日:2015/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり最高!

    子どもたちが小さい頃、よく読んで遊んだ絵本です。久しぶりに読みましたが、やっぱり最高にかわいくて楽しい絵本です。
    晩ご飯の時間に姿が見えないころちゃんを、ママが探します。扉やタンスの中やベッドの下など、ころちゃんのいそうな場所を探るのですが、そこがめくれるしかけになっていて、自分でころちゃんを探している気分になってうれしいのです。
    子どもたちは、いろんな動物たちが登場するのもまた楽しいようで、「おらんぞ」などと、動物のセリフを真似したりします。
    私は、「バスケットを見てみなさい」と言われて、飛んでいくママの表情が大好き。いつ見ても幸せな気持ちになります。

    掲載日:2015/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 便利!

    大人気のコロちゃんが、ボードブックになりました!

    持ち運びやすくて丈夫なので、色んな場面で大活躍!
    シンプルなしかけの繰り返しが楽しくて、小さな子も大喜びしそう!

    育児が大変なママたちの味方になってくれること、間違いなしですね!

    カラフルな表紙もおしゃれで、コロコロ可愛いコロちゃんに自然と笑みがこぼれちゃう一冊です!

    掲載日:2015/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • かくれんぼ♪

    コロちゃんシリーズ♪ママがご飯よ〜とコロちゃんを探します。コロちゃんはここかな?と探す場所がしかけ絵本になっていて、めくるのがとっても楽しいです。なんといっても、ピアノの中にかばが隠れているページは大爆笑間違いなしです(笑)
    小さい子どもにぜひおすすめの1冊です!

    掲載日:2015/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見つけられるかなあ 受賞レビュー

    ごはんの時間だというのに、コロちゃんはいません。
    そこで、ママがさがします。
    ドアのうしろかな。ドアをあけたら、あら「いません。」そのかわりにいたのは、いったいどんな動物?
    次々にさがしていきます。いろいろな動物たちが隠れています。
    親子で、手を動かし、たくさんお話をしながら、充分楽しめる絵本です。子どもさんの笑顔、まちがいなしです。

    掲載日:2015/10/15

    参考になりました
    感謝
    0

53件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(53人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット