おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

しょうぼうじどうしゃじぷた」 みんなの声

しょうぼうじどうしゃじぷた 作:渡辺 茂男
絵:山本 忠敬
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1966年
ISBN:9784834000603
評価スコア 4.76
評価ランキング 569
みんなの声 総数 224
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

224件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ぱとくんと合わせておすすめ

    男の子って、どうしてこんなにも車が大好きなのでしょう。
    「じぷた読んで、じぷた読んで」と、毎日リクエストされました。
    消防署の前を通りかかると、「じぷたいるかな」と覗きこんだり、
    この本で「ぼや」という言葉を覚えて、周りの人に得意げに説明したりしています。

    小さくたって大活躍する働く車の話としては、
    「パトカーぱとくん」とストーリーがよく似ています。
    どちらの作品も大好きな息子の発見。
    実は、じぷたのいる消防署と、ぱとくんのいる警察署はご近所なのです。
    それぞれの絵本の、あるページを開いてみると、大パノラマになるんですよ。
    ぜひ、合わせて読み比べてみてください。

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • じぷた

    息子なので働く車は大好きです。
    なのでとっても気に入っていて何回も何回も読んでと
    言ってきます。
    最近は「じぷたじぷた」と言うようになりました。

    じぷたも最初は立派なはしごが欲しいとか
    あれこれないものねだりをしていて
    ちっぽけな自分が悲しいと思います。

    そんな時山火事があって小さな自分だからこそ
    出来る仕事があると気付きます。
    そして子供たちからの称賛やのっぽくんやいちもくさんからも
    きっと見る目が変わったと思います。
    そのままでいい
    という事を伝えたい絵本かなと思います。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読み継ぎたい本

     誰だってちっぽけな自分をなげき,周りの人をうらやましく思うことがあります。でも,誰でも,その人にしかできない大切な役目を持っているのです。長く読み継がれてきた名著。大人になって真の価値がわかる物語。自分の子どもに読んでやりたくなる本です。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自信をもって!

    図書館に行った時、次男が自分で持ってきました。鉄道も好きだけど、車も好きなおチビちゃん。お膝に乗せて読みました。主人公のじぷたは自分に自信がありません。ジープを改造した小さな消防自動車だからです。一緒に働く仲間は、はしご車、ポンプ車、救急車。力持ちで大きくて、人々を助けるヒーロー。子供達から絶大な人気を誇っています。だけど、じぷたにしか出来ない仕事があるんですよね。ある時、隣の町の山でボヤが起こって、その事に気がつくのです。カラダは小さいけれど、だからこそ役に立てる事がある。それぞれの個性を生かして自信を持って生きていけたら素敵です。小さい子向けのお話ですが、大人が読んでも、自分に出来ることはなんだろう、と考えさせられる本です。子供が成長する過程で自分≠ニいう壁にぶつかった時、「あなたは、あなたのままでいいんだよ。」という事を伝えてあげたい、と思いました。

    掲載日:2016/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出の中の絵本

    私が幼いころから、家の本棚にあった
    「私の思い出殿堂入り絵本」の中の1冊。


    じぷたはジープを改良してできた消防車。
    小さいから、いつも仲間のみんなにバカにされてしまうんだ。
    でもね、じぷたにはじぷたの良いところがあるんだよ。
    じぷたにしか、できないことがあるんだよ。



    初版が1963年・昭和38年・・・かな?
    今から53年前・・・
    すごく長い年月が経った。
    でも未だに親しまれている。
    すごいなあ、すごいなあ。



    私が子供のころ読んだときにはすでに、
    初版から20年は経過していて、
    子ども心に、絵が古いなあなんて思ったりしたこともあった。

    それから更に30年が過ぎた今は、
    そのレトロな感じがとても良いと思ってる。
    何よりお話自体が好きだったので、しょっちゅう読んでいた。
    ずっとずっと後世に残って欲しい作品の1つ。



    のっぽ君とぱんぷ君と、いちもくさん。
    子どものころは、とっても意地悪に見えたっけ。

    でも、この3台。
    いざ仕事の時は大活躍!!口先だけではないんだよね。
    おまけに子どもたちからも人気があって・・・

    私がじぷただったら、悔しいけど勝てないよって、最初から諦めちゃってる。



    大人になってから読むと、



    なんだか、じぶんが
    とっても ちっぽけで、
    みにくく おもわれて、
    かなしくなりました。


    このじぷたの気持ちに、胸がチクンとする。



    消防車も救急車も、今ではもう見かけることのない昔の車両。
    (とくにいちもくさんがレトロな感じで好き)
    あ、ナンバープレートの数字、一桁だぁ。
    (今は地名の横の数字、3桁が多いと思う)
    そういう部分からも、時代を感じられることができて、いいなって思う。




    最後、ある一件の火事が起きて、
    じぷたはとても大活躍&評価されます。
    みんなが、じぷたの良さをやっと認めてくれたのです。
    良かったね、じぷた。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古さが新鮮

    母である私よりも年上のこの絵本。手に取った瞬間に「レトロな絵だなぁ」と思いましたが、最近の絵本では見かけない絵のタッチが逆にとても新鮮に思えました。救急車も、今の時代の物とはまるで違うので、4歳の息子も「え、これが救急車?」と驚いた様子。小さなじぷたが活躍する内容よりも、山火事が起きた時は周りの木を切り倒して延焼を防ぐという事に息子は興味津々の様子でした。

    掲載日:2016/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが名作!

    ロングセラーだけど知らなかったので読んでみました。
    じぷたって変な名まえだなと思ってましたが、ジープを改良した車だから「じぷた」なんですね。
    じぷたははしごしゃやきゅうきゅうしゃ、ポンプしゃと自分を比べてはかなしい気持ちになっていたけど、ある火事にじぷたが任命されて活躍するというストーリー。
    車を擬人化し、うまく心の変化を描いていて、すっかりストーリーにひきこまれてしまいます!
    ロングセラーの理由がわかりました!面白いしメッセージ性の強い良い作品だと思います。

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 役に立たない消防車はない!

    いろんな形の消防車や救急車がある。
    はしごの長いはしごしゃ、ポンプから勢いよく水が出る高圧車、そして救急車。みんな出動する機会がたくさんあるのに、ちびっこ消防車のじぷたはなかなか出動する機会がありません。
    たいしたことのない火がでると、じぷたの登場。
    そんなじぷただって大きい火事を消したい!といつも思っています。
    ある日じぷたではないと行くことができない火事が発生です!
    これによって自信をもてたじぷた。
    そんなじぷたがとってもカッコいい!と思いました。

    掲載日:2015/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘が選んだ本

    娘みずから選んだ本ですが、途中で飽きてあまり興味がなかったようです。じぶたの大活躍良かったです!じぶた二号の絵も見たかったなあと思います。じぶたの素直な気持ちが書いてあって、可愛らしく感じました。ぷーぷーぷー ぷーぷーぷーサイレンきいてみたいなあ。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ただの乗り物絵本ではなかった

    表紙を見る限り、しょうぼうじどうしゃのお話

    なんだと思っていましたが、意外と奥が

    深いと思いました。

    大きいもの、強いもの、長く生きているものが

    一番ではありません。

    小さくたって、弱くたって、長く生きてなくても、

    時には活躍することもあります。

    それまで見向きもされなかったのに、あることが

    きっかけで注目が集まる。

    それもいかがなもんかな?と思いますが、

    誰にでもチャンスはフェアであってほしいですね。

    掲載日:2015/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

224件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / がたん ごとん がたん ごとん / なにをたべてきたの? / おふろだいすき / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


忙しいお母さんにも読んでほしい!期間限定全ページためしよみ中!

みんなの声(224人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット