だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ノアの箱舟」 みんなの声

ノアの箱舟 作:アーサー・ガイサート
絵:アーサー・ガイサート
訳:小塩 節 小塩 トシ子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1989年11月
ISBN:9784772100977
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
「ノアの箱舟」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 有名なお話

    「ノアの箱舟」というお話は、キリスト教を信仰していなくても、なんとなく聞いたことがあるくらい、有名なお話ですよね。
    細かく描きこまれた絵から、ノアの時代の世界がわかります。
    船の中の様子などは、本当にすごいです。
    箱舟に乗った生き物以外は、全て水に流されるのですから、神様の恐ろしさも感じました。

    掲載日:2012/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 命ってなんだろう?

    この絵本は最初から強烈な出だしでした。

    神様はすべての地球上の生物を作りました。

    もちろん人間も。

    でも人間達は、悪い事ばかりするので、神様は怒り

    人間を滅ぼしてしまうと言うのです。

    確かに人間は、争いを起こし、お互いを傷つけあいます。

    その結果は、いつだって残酷で悲しいものとわかっていても。

    でも、すべての人間がそうではないのです。

    人を思いやる気持ち、優しさ、温かさ。

    良いところも沢山あるのです。

    今この地球は、とても厳しい状態にあると言えます。

    どうか球上すべての生物が、暮らしやすい地球になっていきますように。 

    「ノアのはこぶね」 命ってなんだろう?考えさせられる一冊でした。

    掲載日:2009/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奥が深い!

    細かい描写の絵とともに、簡潔な文章でノアの箱舟のストーリーを描いています。
    箱舟に乗り込んだ人間は、ノアだけかと思っていたのですが、
    ノアの家族が乗り込んでいたこと、箱舟の中での生活の様子、
    虹が神様からの贈り物であるということ、この絵本で知りました。

    ノアの箱舟の話は、いろんな本を読めば読むほど詳しいことがわかり、
    奥が深いなって思います。
    これを機に、ノアの箱舟の本をいろいろ読んでみたいなと思いました。
    とても興味深かったです。

    掲載日:2009/04/02

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / わたしのワンピース / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット