たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

洪水のあとで ノアたちのその後」 みんなの声

洪水のあとで ノアたちのその後 作:アーサー・ガイサート
絵:アーサー・ガイサート
訳:小塩 節 小塩 トシ子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1994年09月
ISBN:9784772101233
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
「洪水のあとで ノアたちのその後」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 感謝を忘れずに生きていくノアたちの姿

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    有名な「ノアの箱舟」のその後のお話です。
    聖書の、特に旧約聖書のお話が大好きな、
    8歳の息子と読みました。

    水が引いた後。
    アララト山の上にたどり着いたノアとそのご一向は、
    山からていねいに船を地上へと下ろしていきます。

    そして、箱船を家にして、生活する一家。
    人も動物も繁殖していき、世界へと散らばっていく様子が、
    静かに描かれています。

    そういえば聖書には、生き残ったノアたちのその後は
    描かれてなかった気が。
    でもきっとこのように、人も動物もどんどん増えていく中で、
    雨が降ってはあの日の大洪水を思い出し、
    神様への感謝を忘れずに、生きていったんだろうなぁ。

    雨の後、大きな虹が空にかかる場面がとても印象的な一冊です。

    掲載日:2014/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくましい生命たち

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    虹の好きな息子、表紙の美しさに惹かれて借りてきました。

    お話はキリスト教の有名な「ノアの箱舟」のその後のエピソードで、
    洪水が引いてから、箱舟を山の下に下ろし、船を家に作り変えて
    動物とノアたちが定住していく姿を描いています。

    宗教のお話ではありますが、たくさんの動物たちがひしめきあうように
    賑やかに出てくるし、畑をつくり食べ物を育て・・・そして
    動物も人間も子を生み、生き延びていく・・という普遍的な姿なので
    楽しく読むことができました。

    中でも息子が興味を持ったのは、山からレールのようなものを作って
    船を下ろすところ。
    それから船をさかさまにひっくり返したら家になっちゃった!
    というところ。
    「すっごいねぇ!」

    それと「ぶどうからはワインができた」のくだり。
    「葡萄を足で踏んで、ジュースみたいなのができて、それがワインっていうお酒になるんだよ」と説明すると
    「へぇ〜〜」とびっくりしていました。

    そして動物の赤ちゃんがたくさん生まれるページ。
    いろんな動物を見つけては楽しんでいました。

    キリスト教圏では、小さな子の玩具に「ノアの箱舟」の木製のミニチュアセットがあったりすると聞いていましたが、
    ナルホドこんなふうに楽しいものなんだな・・と
    絵本からは離れるかもしれませんが、そんなことも思いました。

    さいごのページの、大空に虹がかかる絵が美しいです。

    私は無宗教ですが、命ってたくましいなぁ。
    こうやってめんめんと続いてきたんだ・・・と感じました。

    掲載日:2009/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット