キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

子どもに語るアイルランドの昔話」 みんなの声

子どもに語るアイルランドの昔話 編訳:渡辺 洋子 茨木 啓子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1999年11月
ISBN:9784772190329
評価スコア 4
評価ランキング 21,555
みんなの声 総数 2
「子どもに語るアイルランドの昔話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ケルト地方

    妖精や小人…アイルランド地方には、ケルト独特の文化があります。
    その国の、昔話がいくつか集められています。

    子どもに語るとあるように、耳で聞いて、分かりやすく心地いい訳文になっています。

    ぜひ、この不思議な世界を、子どもたちにも伝えたいです。

    掲載日:2017/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妖精のイメージが・・・

    アイルランドの昔話を読むまでは、妖精ってかわいくってやさしいイメージを持っていました。
    が、このお話をよんでびっくり!
    アイルランドの妖精は、すっごく人間くさくってちょっと変わった人のような感じなのです。
    が、アイルランドの人は、どこにでもいるんだから仕方ないわ〜ぐらいの感じで、うまくばかしばかされ?暮らしています。
    うまく?仲良くなれば、すごくいい感じで暮らせるのですよ〜!
    こういうお話が多いので、アイルランドの人って根がやさしいいい人がおおいのだろうなぁというような気がします。
    アイルランドの言葉を日本の言葉で訳すのにぴったりくるものがなかったのかもしれませんが、妖精のほんわかイメージで読んでいくと、びっくりします。
    息子も「もう、アイルランドの妖精ったら!」とつっこみをいれていました。

    アイルランドって日本とは全然関係ないだろうなぁと思う国なのに、日本の羽衣天女のような話があったりします。

    絵は全くありませんが、5歳の息子もハラハラドキドキしながら、寝る前のひと時、ちゃんと聞いてくれます。

    掲載日:2009/01/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こねて のばして』ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット