庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ぼくはおとうさん」 みんなの声

ぼくはおとうさん 作・絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
ISBN:9784323009520
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,474
みんなの声 総数 7
「ぼくはおとうさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 役割り交代交替!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    おとうさんっていいなーと思うこねこちゃん。
    おとうさんとこどもという立場を交替してもらうことに。
    人のいいところばかりが目につくのですよねー。いざその立場になるとなかなか思い描いていたものと違っていたりして。これはあるだろうなー。
    うらやましいところは素直にそう言うこねこちゃんがかわいいです。

    掲載日:2016/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんになりたい

    子供の好きな「こねこちゃん」シリーズで、「お父さん」がテーマの絵本があったので、父の日の前に読んでみました。
    「おとうさんは いいな」で始まる、こねこちゃんとお父さんのチェンジ。
    お父さん、なかなかなりきっているじゃないですかー。
    やっぱり、お父さんは大変ですよね。お疲れ様です。

    掲載日:2012/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんって大変!?

    • ラブケイさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    子どもって大人ぶりたがりますよね〜。
    大人に憧れているというか、そこをうまくついた絵本だと思います。

    絵本の中の子どもに共感して、自分もおとうさんになった気持ちになっているのでしょう。
    何度も読んで、とせがまれます。

    最後におとうさんにと、おかあさんがケーキを買ってきてくれるのですが、すでに子供にもどってしまっていて、うちの息子は「あっ!ケーキ食べれない!!」と焦っていましたが、最後のページで嬉しそうにケーキをもらってるシーンが描かれていて、安心して絵本を閉じます。


    子どもなら誰しもが持っているこの気持ち、大人も味わえてとても暖かい気持ちになれます。

    掲載日:2011/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • とりかえっこ

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    お父さんがうらやましいこねこちゃん。
    こねこちゃんがお父さんに、お父さんが子どもに・・ととりかえっこします。
    でも、実際お父さん役をやってみると・・・お母さんから修理を頼まれるし、おやつを食べられない、お昼寝もできない。

    子どもって一度は「大人はいいな〜」って思うと思います。
    うちの子供たちも言っています。
    でも、大人は大変なんですよね。
    ちょっとの間だけでもお父さん・お母さんの仕事をしてみると、子供のほうがずっといいやって分かるでしょうね!

    掲載日:2009/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうさんはすごい!

    • マナユ48さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    普段は仕事で接することの少ないお父さん。
    こねこちゃんは、お父さんが羨ましくて、交換すると
    思いがけないハプニングが・・・

    ほのぼのしたこねこちゃんファミリーを通じて
    我が家では、お父さんってすごいんだよ!
    ということを、再認識できました!

    シンプルで分かりやすいストーリーで、二歳くらいから分かると思います。
    いもとようこさんの絵分かりやすくて大好きです!

    掲載日:2007/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • どっちがいいの??

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    うふふ・・・子供なら一度は思うことかな・・。こねこちゃんはおとうさんがうらやましくて 一日とりかえっこすることになりました。こねこちゃんがおとうさんで おとうさんが子供に・・。でも、おとうさんになってみると おやつは食べられない・・お昼寝はできない・・でこねこちゃんはいやになっちゃうんだけど おかあさんがおとうさんに「おみやげ」ってお菓子かってきたの。そしたら やっぱりおとうさんがいいだって!!もう 笑ってしまいました。我が家も一度とりかえっこしてみようかしら・・(笑

    掲載日:2003/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうさんっていいな

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子6歳、女の子1歳

    「おとうさんって いいな」「だって おそくまでテレビをみられるし ビ−ルものめるし・・・」「じゃ とりかえっこしようか?」こねこちゃんは憧れのおとうさんになり、おとうさんはこどもになります。でもなってみると、おとうさんって大変なんだね?「ぼく やっぱりこどもがいいよ」と戻りますが・・・。
    大人になりたい子供の気持ちが、素直にかかれ、子供とのやりとりを楽しむおとうさんとおかあさんの姿に、好感が持てます。ほのぼのとしたこねこちゃんファミリ−の、楽しい本です。

    掲載日:2002/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばああそび / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / いちご / ねないこ だれだ / くだもの / せんろはつづく

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット