いっこ さんこ いっこ さんこ いっこ さんこの試し読みができます!
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です

どんぐりのき」 みんなの声

どんぐりのき 作・絵:亀岡 亜希子
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784569689029
評価スコア 4.87
評価ランキング 38
みんなの声 総数 30
「どんぐりのき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • リスの優しさ

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    どんぐり拾いがブームの娘のために、この絵本を読んであげました。
    読みながら何だか胸が締め付けられるような思いに。
    いつの間にか自分が夢中になって読んでしまいました。

    固く心を閉ざしたどんぐりの木に、リスはただ幸せそうに過ごす姿を見せるだけ。
    でも無理に説得させようとしたり、怒ったりするよりも、どんぐりの木にとってはそれが何より心動かされることだったのですね。
    最後のどんぐりの木の穏やかな表情に、安心すると共に、本当に心が温まりました。

    リスが優しくどんぐりの木をなでているところでは、娘も一緒に優しくナデナデしていました。
    大きくなっても、そうやって友達を優しく励ましてあげてね。

    掲載日:2008/11/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 素敵なおうち!

    ゴロンと寝転びたくなるような、原っぱ、
    ぎゅっと抱きしめたくなるような、ふわふわの動物たち。

    どうしたら、こんなに素敵な絵が描けるのでしょう。
    1枚1枚を額に入れて、飾っておきたいくらいです。

    物語の内容としては、少し切ない部分もあるのですが、最後はもちろんハッピーエンドです。

    こんな素敵なお家で暮らすことができたら、きっと毎日が素敵になるでしょう。

    可愛らしいものが好きな女の子にはもちろん、大人の女性にもプレゼントしたい絵本です。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 友情に感動します

    りすのどんぐりの木に対する友情に感動する絵本です。

    どんぐりの木もりすに負けない思いに、感動します。



    思いがいっぱい詰まった言葉「どんぐりを つけようが つけまいが、

    わたしは あんたが 好きなのよ」


    「りすさんに 食べてもらいたくてさ」


    お互いを思いやる気持ちに溢れていて感動しました!


    りすさんのお洒落な部屋にきっと素敵な家族も増えて賑やかになると

    思いました。

    絵の色彩も素敵、どんぐりをつけた木は最高に綺麗です。

    掲載日:2010/01/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 信じる気持ちは強い力となる。

    どんぐりのきがはじめてつけた実を、森のリスが食べて、熟していなかった為 まずくて食べられない!と言われ・・・とてもショックを受けて傷ついてしまう。
    人でいうところの人間不信みたいな感じかな?
    そんなどんぐりのきが、あるリスとの出会いで、閉ざしていた心を少しずつ開いていく・・・でも森のリス達にこのどんぐりのきの実はまずいと言われてしまい、また辛い思いをする。
    そこで、出会ったリスは自分が素敵だと気に入ったどんぐりのきなのだから。
    どんぐりを つけようが つけまいが わたしは あんたが すきなのよ!と言ってくれる。
    どんぐりのきは、強く信じてくれるリスの思いにこたえ、もり一番のどんぐりをつける。その時のどんぐりのきのやさしい表情はなんとも言えず温かい気持ちになります。

    このとは、親子関係でも大切なことだと思う。
    子供のことを親が大切に思い信じてあげることで、子供の才能を開花させることのようで・・・
    また、9歳の娘も多感な時期だけに、人を傷つけてはいけないとか、思いやる気持ちや、信じる気持ちだとか感じてくれたらと一緒に読みました。
    奥深い意味のある本だなと思いました。
    挿絵もきれいないろ使いでぜひ読み聞かせに使いたいと思います。(3年〜高学年むきかな)

    掲載日:2008/11/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 友達って大切だね

    はらっぱにはえているどんぐりの木。
    最初は、みんなに、自分のどんぐりを食べてほしいと思っていたのに...
    「まずくて食べられない。」
    そのリスの一言で、すっかり自信を喪失してしまい、心を閉ざしてしまいます。
    でも、1匹のりすとの出会いが、どんぐりのその後をかえることに...

    自分を信じてくれる人がいるということの心強さってありますよね。
    「どんぐりをつけようが、つけまいが、私はあんたが好きなのよ。」
    リスの言ったその言葉は、どんぐりにとって、どれだけ勇気づけられたか...

    役にたつとか、たたないとか、利用価値があるとかないとかではなく、ただ、「あなたが好きだ」という言葉。
    そして、好きだと言ってくれたりすさんに、何かおかえしをしたいと思うどんぐりの木の気持ち。
    思いやりとか、人を思うやさしさって、こういうところから生まれてくるんだよね。
    友達って大切だよ、そう教えてくれる絵本です。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • りすとどんぐりの木との温かな友情

    秋が深まって、ちょっと寂しさと寒さが漂う表紙にひかれました。色々な友情の絵本があるけれど、これはどんぐりの木と一匹のりすとの間に生まれた友情が描かれています。
    とても細かく描かれた繊細なイラストにも惹き込まれます。

    温かな友情に心も温かくしてもらえました。
    秋が深まってくるころに読みたい一冊です。

    掲載日:2017/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • あせらずゆっくり

    どんぐりの木も、リスさんも、素敵な友達ができてよかったです。若くて青いどんぐりは苦くまずいらしく、悪い評判がたってしまったどんぐりの木は自信を無くしてしまいましたが、リスさんのおかげで立ち直れたようで良かったです。

    掲載日:2017/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんぐりとリスの心温まる物語

    森の動物にどんぐりをマズイと言われ、心を閉ざしてしまったどんぐりの木。
    そこへあるときリスさんがやってきて、どんぐりの木を気に行っておうちを作ります。どんな自分であろうと受け入れて好きと言ってくれるリスさんの優しさがどんぐりの木の心を解かしていく様子が描かれていて、読むと心があったかくなる絵本です。素敵な内容でじんわり癒されます。

    掲載日:2017/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • きらきらした目!

    • ノコさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子7歳、男の子5歳

    先日小学校1年生の子どもたち30人に読み聞かせを行ってきました!

    これまでにも数回読み聞かせを行ってきましたが、今回この「どんぐりのき」の読み聞かせが、一番きらきらした目を向けてくれたように思います。クラスのほとんどの子どもが絵本の世界に入りこんでてくれたようで、なんともいえない一体感がありました。いつもはにぎやかでじっとはしてくれないやんちゃな男の子たちですら静かに聞いてくれ、子どもたちの心に響いた感触がありました!

    今回読み終わったときにこの本をいままでに読んだことがある人いますか?と言ったら、めずらしくクラスのほとんどの子どもが
    「はじめて!」と手をあげていました。
    この本は私もはじめて先日絵本ナビで知り図書館で調べ、読んだのですが、この本と出会わせてくれたことに感謝です。

    ぜひもっと多くの子どもたちがこの本を知ってほしい。そしてこのどんぐりのきがリスに出会って変わったように、いまのままのありのままの自分でいいんだ!と思えるような素敵な経験をたくさんしてほしい。そしておいしい自分なりの実をたくさんつけてほしいなと思いました。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感動しました。

    とても素敵な色使い、可愛い絵。。
    どんぐりの木と りす、その他登場する動物たちですが、
    擬人化されているのですが、
    ことばのひとつひとつが
    私たちの今の人間関係にもあるような
    そんな印象を受けました。

    大人同士でも
    悪口を言われているのを耳にして、
    それで傷ついて
    トラウマになって、
    人間不信になるようなこと。

    わかってくれる相手(絵本ではリス)に出会って、
    少しずつ心を開いて
    「どんぐりを つけようが つけまいが
    わたしは あんたが すきなのよ。」
    このリスが言ってくれたことは、
    なんて いい言葉なんでしょう。
    感動しました。

    おとなの私が読んでも
    心に残る とてもいいお話しでした。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.87)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット