アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

まいったなあ」 みんなの声

まいったなあ 作・絵:いもと ようこ
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年
ISBN:9784783402749
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,311
みんなの声 総数 19
「まいったなあ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ともだちのともだちのともだちもやってくる

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子20歳、女の子17歳、女の子16歳

    ひとりでしゃべって ひとりでおへんじ

    少し淋しさを感じていたインコのかごにすずめがエサを食べに来た。
    最初は1羽だけだったのに、人のいい(?)インコは「ゆっくりたべな」と言ったが最後その数は2羽、8羽と増え続けとうとう30羽にも
    なろうかと…

    いもとさんの描くインコとすずめたちのなんと無邪気で屈託の
    ない事。
    ただそのうちにその無邪気さが無遠慮に変わってきたときに、
    やはり思いますよね。

    「まいったなあ」と。

    その人間らしさがなんとも愛らしいインコです。

    これが実話ってびっくりです。
    才能のある人のところにはエピソードも飛び込んで来るものなのだと
    つくづく思いました。

    厚かましい友人に悩んでいる方は思いっきり共感できてしまうこと
    でしょう。

    掲載日:2010/12/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • これはこれは、いくらなんでも…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    とりかごに一羽のインコ。ひとりでしゃべって、ひとりでお返事をしていました。ある日のこと、うとうと昼寝をしていると、一羽のすずめが入ってきました。
    インコに気づかれて逃げようとしたのですが、
    「ゆっくりたべな!」
    と言われ、ひと安心。
    その後、楽しいことが起こったのですが、それがまたまた度を越して大変なことになってしまうのです。
    インコの優しさについつい甘えてしまった?というか、大胆な行動に出たというか、なんとも面白いできごとでした。
    その時々の表情の変化も見逃せません。とにかくかわいい絵、心から癒されます。

    掲載日:2008/11/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「まいった」とは

    「まいった」という言葉はなんともふしぎな言葉であると
    この本を見てようやく気がつきました。
    ここで使われてる「まいった」とは「うれしいけれどこまったなぁ」ということ。
    おうむもかごの鳥でひとりぼっちじゃさみしい。
    でもちょっと親切にしただけで調子に乗るのはよくない。
    なんとももどかしいシチュエーションを
    いともようこさんは見事に描ききっています。
    さぁあなたならどうしますか?

    掲載日:2008/03/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • まいったなあ

    スズメがいっぱいのシーンにはつい吹きだしてしまいました。
    勢いよく進行し、その勢いのまま終わってしまうせいか、娘が何度も読んでくれとせがみました。純粋におもしろいです。
    団体だと気をよくして周りが見えなくなってしまうところって……ありますよね。気をつけないとね。
    一人で喋って一人でお返事するのは寂しいから、来てくれたら嬉しいんだけど、だけど主におかまいなしでピーチクパーチク食べあさられたってなあ。
    いんこくんの 「まいったなあ」 、私ならどうするかなあ。私も 「まいったなあ」。

    掲載日:2006/04/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぱあちくぱあちく

    一羽のオウム。
    そしてかわいいすずめが遊びに来て・・

    はじめはとっても嬉しくて、明日も来てほしいな・・
    そう思っていたのに、次の日は2羽。そして翌日には倍、また倍・・・
    日に日にやってくる雀の数が増えて・・

    この描写は、ちょっとユーモラスで、でもオウムさんが気の毒で・・面白いところです。

    ぱあちくぱあちく・・と無数のすずめが登場するページが特に面白いところです。

    とうとううるさーい!でていけー!

    と叫んでしまったオウム君。その気持ちもなんだかわかるし、その後に、全く誰も来てくれなくなったさみしさも伝わってきました。

    続きは・・・絵本を読んだ子どもと話をして考えるのも素敵ですね。

    掲載日:2017/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 予測出来るおもしろさ!

    オウム?
    いもとさんの作品で
    これは、見たことないです

    はじめは、謙虚でかわいらしいすずめちゃん
    2羽になって
    あ・・・
    と、予測出来ます

    その予想通りになるページが
    絵本の画面いっぱいで
    おもしろいです!!

    そして、また、懲りずに続くのかな?

    遠目も利くし
    今度、おはなし会で読んでみます

    掲載日:2016/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実話を元に

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳4ヶ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    この話は作者の家で実際にあった出来事を元に作られたそうです。
    インコのかごにすずめが1羽餌を食べに…。翌日は友達を連れて、さらにその次の日は友達の友達も連れて…。
    大量のすずめが出てきた時、子供は大喜び!
    とっても可愛らしく、面白い絵本です。

    掲載日:2015/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • インコが見えない

     鳥かごのなかで、たいくつそうにしている一羽のインコ。外から一羽のスズメが鳥かごの中に入ってきて、喜んでいたのですが、、、。
     一羽が二羽、どんどん増えていくスズメに笑ってしまいました。もうインコの姿が見えません。

     インコの「まいったなあ」が伝わってくる、ほほえましいお話でした。なんとこれは、いもと先生が実際に体験されたことだとか。スズメのずうずうしさ(笑)にびっくりです。

     やさしくあたたかい絵と楽しいお話に、リラックスできました

    掲載日:2014/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心情が現れていました。

    独りぼっちは寂しい、

    だけどあんまりガヤガヤしてもやかましい。

    そんな気持ちをうまく描いた絵本だと思います。

    インコとすずめのやりとりや性格の違いが

    とてもおもしろいと感じました。

    背表紙だけ見ていたら、おそらく手に取らなかったと

    思うくらい、背表紙はあっさりした文字でした。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • インコの実話!?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳

    作者の実話というから、驚きです。
    かごの中で飼われているインコは、一羽で静かに暮らしていたのですが、
    ある日、一羽のすずめがかごの中に入り込み、インコのえさを食べ始めたのです。
    インコは寛大にも「ゆっくり食べな!」と見逃すのですが、
    すずめは、次の日も、今度はお仲間も連れてやってくるのです!
    最初は丁重にあいさつしていたすずめですが、どんどん増えていく仲間に紛れて、
    すずめたちはしたい放題、ついには、インコもがまんできずに追い払うと言う訳です。
    でも、一人ぼっちは、それでそれで寂しいのですね。
    そしてラスト、悩ましい課題を残しての余韻です。
    かごの中にすずめがぎっしり、の光景は圧巻です。
    実話だけにリアリティがあります。
    この顛末、気になります。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ヨチヨチ父 とまどう日々』ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット