貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ムスティとフェリーボート」 みんなの声

ムスティとフェリーボート 作:スタジオTVデュプイ
絵:スタジオTVデュプイ
訳:榊原 昇三 那須 田稔
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2001年08月
ISBN:9784097301103
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,972
みんなの声 総数 2
「ムスティとフェリーボート」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日本で出版された絵本にはあまり見られませんが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子6歳、男の子3歳、女の子0歳

    外国で出版された絵本でちょいちょい「自分の名前を書く欄」を見かける事が往々にしてあります。これって何でだろう?といつも思ってしまいます。友達同士で本を貸し借りしたりする事が多いのかな?相変わらず色鮮やかで楽しい絵本です。乗り物もたくさん!

    掲載日:2017/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1ページに2〜3行ではなく、少し長い文章が聞いていられるようになった2歳3ヶ月の息子に読みました。カラフルでわかりやすいけどリアルな絵、なにより主人公のかわいい猫がかわいいです。内容は、主人公の猫ムスティがパパが運転する自動車で港へ行き、自動車ごとフェリーボートに乗って・・・という小さなドライブ旅行のお話です。フェリーボートだけではなく、自動車、港のクレーン、ヨットなども登場し、それぞれが擬音語や擬態語で表現されている所も子どもには魅力的なようです。また、スケールが大きいイラストの中の小さなムスティたちの自動車やムスティを探すのも楽しそうでした。

    掲載日:2008/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか


『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット