しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

とらねこさんおはいんなさい。」 みんなの声

とらねこさんおはいんなさい。 作:山脇 恭
絵:小田桐 昭
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784032322903
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,437
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 小田桐昭さん

    ”おへんじください””まるごとたべたい”という小田桐さんの作品が大好きでこの絵本も小田桐さんが絵を担当していらっしゃったので選びました。主人公の性格があまりにも可愛らしいので読めば読むほど主人公の虜になっていきました。何事もきっかけって大切なのだと思いました。主人公が優しい親友を持った事も主人公が素敵な心を持っているからだと思いました。皆が幸せな最後に感動しました。心が温かくなる絵本でした。柔らかい絵の感じもやっぱり大好きです!

    掲載日:2008/10/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 謝りたいけど…

    意地を張ってしまい、一緒に遊びたいのになかなか言い出せない…
    そんな子どもの気持ちがよく描かれています。

    勇気を出して、友達からの誘いを受け入れられたいじっぱりとらくんの嬉しそうな顔がなんとも言えません。

    くろくん、とらくんシリーズは全て読んでいて、全冊大好きですが、
    この作品が幼稚園の日常や子どもの気持ちに一番寄り添っていて
    子ども達も共感できるところが多いのか食いつきもよかったように思いました。

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • とらねこちゃんが1番好きです!

    表紙をひと目見た時より、実際に読んでみてからの方が、
    大好きになった絵本です。
    小田桐 昭さんが描かれる猫ちゃんたちの
    感情が表れた表情がとてもわかりやすく
    気持ちが伝わってきます。
    私は実際には猫はあまり好きではないのですが、
    この絵本を見て猫ちゃんたちが可愛く思えてきました。
    とらねこちゃんの意地っ張りで頑固で、
    でも正直なところが3匹の中で
    私が1番共感できるキャラクターです。
    なわとび遊びのお話ですが
    3匹の猫ちゃんたちの関係は、
    実は大人でも当てはまる人間関係じゃないかな。
    そんなふうに思えて大人も楽しめる絵本だと思いました。

    掲載日:2016/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後は仲直り!!

    仲良く遊んでいたと思ったら、突然のけんか!
    でも、お互い気にかけている様子が、とってもかわいかったです♪
    意地をはってしまっているとらねこさんがかわいらしくて、いじらしくて、
    3匹の中では、一番好きなキャラクターとなりました。
    最後はちゃんと仲直りして、仲良しになるので、安心して読んで
    くださいね♪

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入り

    「おへんじください」「まるごとたべたい」 のお話が可愛くて、私も息子も大好きです。ちょっとせっかちなトラ君に、おっとりなクロ君。二人は友達想いでとっても、仲良しな様子がほほえましくていいんですよね〜。
    なので、他にシリーズないかな〜と思っていたところ、この絵本を発見♪
    今回は新しいお友達シャムちゃんも登場!
    一旦へそを曲げたトラ君は、なかなか、素直になれないでいるけれど、
    仲直りするきっかけをつくったクロ君とシャムちゃんの対応がよかったな〜♪
    また、お気に入りの一冊になりました。

    掲載日:2014/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもわかります

    子猫が3匹でてきますが、それぞれが

    それぞれの性格があって、おもしろいと思いました。

    幼稚園くらいの子供が集まると、こんな感じかな?と

    思いました。

    ずっと意地を張ってしまった1匹のこねこちゃんの

    気持ちの変化がとってもかわいく思えました。

    みんな仲良くが一番ですが、友達を独り占めしたいと

    いう子供の気持ちもよくわかりました。

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意地っ張り〜(笑)

    ふたりで仲良く遊んでいるところに、「いーれーて」と割り込んできたシャムねこさん。
    「いれてあげようよ」と くろねこさんが言っても、「ふたりであそべば!」とヘソを曲げてしまった とらねこくん。

    ふたりが楽しそうに 「おはいんなさい」をしている横で、ひたすら ひとり跳びを続けるのです。
    誘われても、ふたりが他の遊びを始めても、雨がふってきても!

    すごい意地っ張り(笑)。
    でも、こどもってこんなんですよね。かわいい(笑)

    こどものこころ、姿はねこ!ダブルでかわいいです。
    シリーズがあるようなので、他のも読みたいなって思いました!

    掲載日:2013/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 入れて!

    二人でとても楽しそうに縄跳びをしている絵に惹かれて選びました。

    いつまでも眺めていたいほど、とても可愛いとらねこさんの笑顔です。

    とらねこさんとくろねこさんが二人で楽しく縄跳びをしてたのだから、

    シャムちゃんも強引に入らないで、「入れて!」と言ったらきっととら

    ねこさんも拗ねなかったと思いました。それにしてもとらねこさんは、

    縄跳びが上手すぎると思いました。拗ねたとらねこさんですが、二人の

    優しさに素直になれてよかったです。やっぱり、三人で仲良く遊びたか

    ったのに、意地を張ってしまうことってよくあるので素直になりたいと

    思いました。

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • なわとび絵本

    表情豊かな愛らしいネコに惹かれました。

    意地っ張りもここまでいったら天晴れというお話でしたが、見捨てず何度も声をかけ、最後まで受け入れ口を作ってくれるお友達の関係。
    お友達とのやりとりとして単純に年長さんくらいに読んでもいいですが、小学生も思うところがあるだろうなぁと思いました。

    なわとびという題材もたまにしか見かけないので、シーズンに読むのも良さそだね。
    娘は、読み返して、なわとび歌を歌ったり、二人でおはんなさい♪は難しいんやでと感心していました。

    掲載日:2011/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな優しいお友達が欲しい!

    「くろくん」と「とらくん」の、シリーズ3作目。
    相変わらずわんぱくで、意地っ張りのとらくんですが、
    くろくんは最後まで優しく、雨の中、とらくんを迎えに来てくれます。
    我が子にも、こんな優しいお友達が欲しい…と思わずにはいられません!

    小田切昭さんの絵で、猫たちの可愛いキャラクターをとっても表情豊かに描かれていて、お話に共感できます。
    特に、大雨の中びしょぬれでなわとびを続けるとらくんが、絶妙です。猫を飼っている人なら、「そうそう、濡れた時の猫ってこんな感じ〜」とちょっと笑えてしまうかもしれません。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / きつねのおきゃくさま / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / ふしぎなキャンディーやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット