すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた

まっくら、奇妙にしずか」 みんなの声

まっくら、奇妙にしずか 作・絵:アイナール・トゥルコウスキィ
訳:鈴木 仁子
出版社:河出書房新社
本体価格:\1,600+税
発行日:2008年07月
ISBN:9784309270296
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,080
みんなの声 総数 2
「まっくら、奇妙にしずか」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 古本屋を探し回ってようやく見つけた1冊です。

    人間の行き過ぎた欲望が、世界の終末を近づけるというストーリー、
    子ども向けの絵本というよりは、大人に対するメッセージ性の強いものです。

    3年間かけて400本の芯を消費してシャープペンシルだけで描かれた
    という緻密な絵が、著者独特の世界観を示しています。

    細かく描かれた機械の一つ一つをずっと見ていても、飽きない面白さがあります。

    「まっくら、奇妙にしずか」という印象的なタイトルどおり、
    物語が終わるときの静けさはとても恐ろしいものがあります。

    未来のできごとなのか、古代のできごとなのか、それとも私たちがいる世界とは
    まったく異なる世界でのできごとなのか。
    「奇妙」ということばが妙にしっくりくる絵と、真っ黒に塗られた背景、
    少し立ち入るのがためらわれる人間の内奥の暗さに迫るような世界観は、
    同時に強い想像力を掻き立てられます。

    ただ、こうした耽美的な世界は、やはり大人向けなのかなとも思います。
    とりあえず本棚に入れておき、いつか子どもが手に取るのを待ちます。

    掲載日:2014/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • シャープペンシルだけで

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    モノクロの世界が、タイトルのように確かに奇妙でしずかな雰囲気を出しているこの作品。
    何と、たった1本のシャープペンシルで3年かけ作られたものであると知り、大変驚きました。
    こんなに細かい絵を・・・絵をよく見ると、さらにその技術に感動してしまいます。

    お話は、よそから来た男を警戒・監視する町の人々が、男を追い出し、欲を出したところで自滅するというもの。
    人間の偏見や身勝手さを皮肉交じりに描いた作品です。

    やってきた男は、なんとも不思議な方法で魚を獲りますが、そのときに使われる機会の数々。
    これもまた奇妙で、興味をひきます。

    掲載日:2009/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



困っているぼくのところに本物の神様が!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット