もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ぞうと かぼちゃ」 みんなの声

ぞうと かぼちゃ 作・絵:あべ 弘士
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2008年10月
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,628
みんなの声 総数 7
「ぞうと かぼちゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な味わい

    ぼくは どうぶつえんの しいくがかり。ここでおこった「ふしぎなかぼちゃ」のことをはなしてあげよう…なんてのっけから、ぐっとお話に引かれる展開でした。で、かぼちゃをプレゼントされた象が食べて、そのうんちを畑の肥料としてまいたら…
    突然22、23ページの見開きだけ「かがく」っぽくなります。それまでストーリー性たっぷりだったのに、そこが楽しいです。で、畑はかぼちゃだらけになるんですが、そのかぼちゃを子供たちが食べないわけは…またストーリー性たっぷりのお話に戻って、最後まで楽しい絵本でした。

    最後の象がうんちする絵も力強い!
    子供も喜んでました

    掲載日:2012/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子孫を残すために!

    • ハンガラムさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子21歳、女の子12歳

    象のうんちを肥料として畑にまいたら・・・。
    他の野菜の苗を押しのけ、植えてもいないかぼちゃだらけの畑になりました。そう、そう!種は消化されずに出てくることを実感!
    植物はこうして子孫を残すわけですよ!すごい生命力です。
    楽しい科学絵本。

    掲載日:2012/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理科

    この本は理科のお勉強が少しできますね。ウンチが肥料として野菜が出来る。そしてそれを食べた私たちがまた排泄をする。食物連鎖について大人の私もまた考えさせられました。楽しいですが深ーい本です。子供にはこういう教育も良いかな、と思います。

    掲載日:2010/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんち

    昔、実家では堆肥場があってそこへ食べ物の糟、野菜屑等を捨てていた

    ので、この絵本のように南瓜を収穫できたことがありました。

    とても懐かしかったです。

    ぞうのしたうんちから南瓜が育ったのはよく理解出来ました。

    孫ももう少し大きくなったら、絵本から理解できるようになると思いま

    す。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • かぼちゃがいっぱい♪

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、男の子6歳

    ハロウィンにはかぼちゃがつきもの!と検索して見つけた一冊です。
    あべ弘士さんの絵は好きなので、楽しみに読み始めました。

    なんと、あべさんの実話なのかと思わせる内容でした。
    旭山動物園のぞうたちが登場?!ご家族も登場?!
    ほのぼのした雰囲気の中、
    かぼちゃがごろごろとたくさんお出ましになりました。
    自然の摂理について改めて考えさせられました。

    子供達にはそこまで深く理解できなかったと思うけど、
    うんち→肥料→食べ物→食べる→うんち
    という流れは理解できたようです。
    うんちでできたかぼちゃ〜〜!といやな顔をしていたけれど…。

    ページいっぱいのかぼちゃの黄色い花と
    ぞうさんのおなかの中の図、特に印象深かったです。
    思っていた以上に良い本に巡り会えて嬉しくなりました。

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食物連鎖

    かがくのともが好きなのでこの絵本を選びました。とても見やすい太い線で描かれているのが良いと思いました。食べるものと食べられる者を分かり易く説明されているのも配慮があって良いと思いました。特に、人間は自然の恵みに生かされていることを再確認できる様に自然に理解出来る文章が素晴らしいと思いました。カボチャの葉っぱが生き生きと描かれていたのも素敵でした。

    掲載日:2009/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • うそみたい!!

    毎月書店で福音館の月刊絵本で娘に好きなものを選んでもらって購入しています。

    たいがい「012」か「こどものとも年少版」を選んでいる娘が表紙にそそられて?この絵本を離しませんでした。

    娘の愛読書の「どうぶつえんガイド」のあべ弘士さんだし、
    娘には難しいかな??とは思ったけど、購入しました。

    娘はゾウさんと、かぼちゃと、うんち この3つの言葉だけで夢中です。

    ぞうさんにかぼちゃをたくさんいただいて、たくさん食べて、
    たくさんうんちをして、そのうんちを畑にまいて、
    そしたらたくさんかぼちゃができた!!

    スッゴ〜〜イ!!!と私が仰天してしまいました。

    善意でいただいたかぼちゃだからこその、
    この幸せの連鎖みたいなものが、
    なんだかとってもいいなぁ〜〜と思います。

    かぼちゃが無性に食べたくなります。

    掲載日:2008/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / おちゃのじかんにきたとら / がたん ごとん がたん ごとん / なつのいちにち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット