なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

てつがくのライオン」 みんなの声

てつがくのライオン 作:工藤 直子
絵:佐野 洋子
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,650+税
発行日:1982年01月
ISBN:9784652038079
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 工藤さんの自費出版作品

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    知る人ぞ知る!工藤直子さんが初めて自費出版された作品集です。
    もちろん作品のほとんどが「詩」なのですが、
    表題作の『てつがくのライオン』などは、詩というより短いファンタジーだと思います。
    このライオンとってもいい味が出ています。ライオンと友達になった縞馬も、いい!!
    佐野洋子さんが表紙絵を描かれていますが、実際物語に出てくるライオンはこんな豪傑のようなやつではなく、
    景色を見て感動したり、誰かと友達になりたくて涙を流したりする繊細なヤツなんです。
    私はこのライオンがとても気に入りました。もっとこのライオンの話を書いてほしいな。

    ライオン以外にも、クジラとイルカの友情をつづった手紙のように短いお話も入っていました。
    こちらも二頭の友情と会話がとっても素敵!です。

    「のはらうた」とはまた違った、工藤さんの物語を見ることができて、読んでいてとても楽しい時を過ごせました。

    短いお話や詩の入っている作品集なので、小学校中学年くらいからでも1人読みできると思います。
    興味のある方はぜひ読んでみてください。

    掲載日:2010/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット