モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

のぼっちゃう」 みんなの声

のぼっちゃう 作:八木田 宜子
絵:太田 大八
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1984年02月
ISBN:9784579400591
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,544
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • だいすきです

    • とりえほんさん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子10歳、女の子8歳、男の子6歳

    子どもにも読みますが、私が大好きな1冊です。
    木をみあげている様子が、なんとも心が晴れ晴れして、何か悩んでいることがあっても「大丈夫だよ」「未来はひらけているよ」というメッセージが感じられて、何か新しいことにチャレンジしてみようか、そんな気持ちにさせられます。
    ちょっと高いハードルを前にしたときや、何か困ったときには、読み返す1冊です。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 壮大です

    おもしろそうだったので読んでみました。

    一本の木をどんどん登って行って一番上まで

    行きたいな〜と思うを募らせるお話です。

    一番上はどのくらい高いのかな、いつk行ってみたいなと

    いう気持ちがとっても壮大でワクワクする内容です。

    東京タワーも富士山も出てきますので、

    日本が好きな外国の方にも読んでほしいです。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの想像力

    • にまめさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子 1歳

    庭にある一本の木を見上げて、子どもの空想がぐんぐん羽を広げます。

    この絵本を初めて手に取ったとき、すっかり忘れていた子ども時代の感覚を少し思い出しました。

    そういえば、幼い頃は、わたしもそんな世界にいたなぁ…なんて、久しぶりに子どもの暮らしている世界を垣間見たような気がしました。

    1歳の息子は、ぐんぐんと視点が上へと引き上げられていく展開が気持ちよさそう。大好きな1冊です。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったらいいな

    とてもセンスのある絵本棚と思いました。
    子どもの気持ち、考えている事、とってもストレートで、分かりやすくて、「(こんなことが)あったらいいな」の絵本です。
    イメージが膨らむ絵本だと思います。

    掲載日:2010/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 高いところから世界を見たい!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    私の手にしたこの絵本は、図書館で借りてきたものだったので、初版の1971年物でした。
    紙の材質こそ古くなっていましたが、小さな子どもだったら、一度は夢に見そうな、「高いところから(木に登って)、色々な世界を見たい」って気持ちがすごく伝わってくる作品でした。
    いい絵本だな〜と、思います。
    4,5歳くらいから6,7歳くらいのお子さんのいかがでしょうか?

    掲載日:2010/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 東京タワーより富士山より

    こんなに高い木、あったら楽しいでしょうね。
    とうきょうたわーよりふじさんよりたかく
    というのはまだまだ不動の比較対象でしょうね。
    そのうち絵本の中でも
    「スカイツリーよりもたかく」
    と読まれる日も来るのでしょうかねぇ。

    掲載日:2010/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 登ってみたいね。

    • かちゃみさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    家の脇にある高い高い木。
    どこまで登れるんだろう。
    どんどん登ってとうとうそんなところまで、なんて楽しいんでしょう。
    ワクワクした気持で最後のオチにやられました。
    そうだよね。
    童心に戻った気がします。

    掲載日:2008/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこまでも登っちゃいます

    お庭に木があります。とにかくどんどん上へ上へ登っていきます。屋根よりも、ビルよりも、富士山よりも高く登っちゃいます。最後は宇宙へ飛び出して。文字も少なく絵を見て話がわかるのでごく小さい子(1歳くらい)から楽しめる夢の膨らむ素敵な本です。

    掲載日:2006/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもの想像力を刺激する

    見上げる木のごつごつが伝わってくる。男の子が登るにつれて 広がる視界が絵にちゃんと表現されていて 臨場感があります。2つ折のページをあけると 高くそびえた木の枝に立つ男の子。ビルよりも 東京タワーよりも高くのぼって木の上から飛行機にてをふり、ロケットに乗って・・・と、わくわくする展開です。

    掲載日:2004/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宇宙まで?!

    子供の夢をどんどん伸ばしてくれるような感じがします。上に上っていくにしたがって、憧れも強くなっていくみたい。宇宙とか、ロケットが好きになっていく年頃には、たまらないですね。「ぼくも、乗りたい。」って言いましたから。最後に現実に戻してくれてしまうところが、笑っちゃいます。

    掲載日:2003/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / でこちゃん / はなをくんくん / まるまるまるのほん / パンダ銭湯

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット