にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!

葉っぱをまく虫」 みんなの声

葉っぱをまく虫 文・写真:海野 和男
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2005年10月12日
ISBN:9784406032179
評価スコア 4
評価ランキング 23,444
みんなの声 総数 1
「葉っぱをまく虫」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オトシブミの落とし文

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    帰省中に行った図書館で、私がたまたま「オトシブミ」の絵本を手に取り、
    なんか風流な虫だわ〜と気になっていたのですが、先日娘と読んだ
    「ムッシーげきじょう」の中にもオトシブミが出てきたので、
    オトシブミの絵本を探して読んでみました。

    オトシブミが落とす「落とし文」の正体は、卵を葉っぱでくるんだもの。
    観察している海野さんが、この「落とし文」こと揺籃(ようらん)を
    開いてみた写真があります。
    かなりしっかり巻いてあって、なかなかほどけなかったこと、同じように
    巻こうとしても巻けなかったことが書いてありました。
    自分の体よりも大きな揺籃をどのように作っているか、細かく写真を載せて
    わかりやすく解説してあります。

    葉の選び方、巻き方、巻くためのコツ。
    卵を産み付ける瞬間。
    そして揺籃の中で、卵から幼虫、さらにさなぎに変わる様子。
    オトシブミについて知りたいことが、全て載っていると言っても
    過言ではないでしょう。

    それでも、まだわかっていない部分も多く、推測や仮定も多いのが、
    虫の世界の不思議なところ。
    説明が少し難しく感じることもあるので、小学生以上にオススメです。

    掲載日:2008/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



野球ファンだけにとどまらない、人生へのエールがこめられた絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット