パパのぼり パパのぼり
作・絵: きくち ちき  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
お父さんと一緒に遊びたくなる!

そらいろの童話集」 みんなの声

そらいろの童話集 作:アンドリュー・ラング
訳:川端 康成 野上 彰
編:川端 康成 野上 彰
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784035510802
評価スコア 4
評価ランキング 23,003
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「石屋」は本当に日本の昔話なの?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳、

    全集の3巻は「竜がいっぱい・冒険がいっぱい」という作品を集めたもののようです。
    「七人のシモン(ハンガリア)」「ひみつをまもったこども(ハンガリア)」「小さな野ばら(ルーマニア)」「かえるとライオンの妖精(フランス)」「石屋(日本)」「小屋のねこ(アイスランド)」「アブノワとおかみさん(チュニス)」「魔法使いのおくりもの「フィンランド」」「ひつじかいのポール(ハンガリア)」「こじきの子どもときつね(シシリー)」「ラッキーラック(ハンガリア)」「王子と竜(セルビア)」「白いしか(フランス)」
    が載っています。タイトルは違いますが、大半がほかの国の昔話として、結構有名どころ出来たことのあるものが多かったです。
    例えば『こじきの子どもときつね』は『長靴をはいた猫』とストーリーがよく似ていますし、
    『ラッキーラック』はグリムの昔話『忠臣ヨハネス』にそっくりでした。
    ひとつ気になったのは日本の昔話ということで編纂されている「石屋」という物語ですが、
    これは本当に日本のお話だったのでしょうか、世界観がマリ日本っぽくありません。中国のどこかの国の昔話を日本のものと間違えてまとめられたんじゃないかな〜という気がします。

    それぞれはとても面白く興味深いベ王権ファンタジーが多数入っているので、ファンタジー系のお話が好きな人や、今まで聞いたことのある話ではない別の昔話(物語)が気になるという人は、ぜひ一度読んでみてください。

    掲載日:2012/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット