ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

マーメイド・ガールズ2 アイス王国編1 バニラと白いゆうれい」 みんなの声

マーメイド・ガールズ2 アイス王国編1 バニラと白いゆうれい 作:ジリアン・シールズ
絵:つじむらあゆこ
訳:宮坂 宏美 田中 亜希子
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2008年07月
ISBN:9784751525579
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「マーメイド・ガールズ2 アイス王国編1 バニラと白いゆうれい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 娘が一番お気に入りのシリーズ本!

    • アンの家さん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子9歳、男の子6歳

    マーメイドガールズシリーズ第2弾、全6巻のうちの1巻目です。
    シリーズ第1弾と同じく、美しい海の中に住んでいる、可愛い人魚の女の子たちが、仲間とともに知恵を出し合い力を合わせ、困難を乗り越えて、与えられた使命を成し遂げるという、なかなか壮大な物語ですが、小学校低学年でも一人で読めるような、とても分かりやすいお話です。
    今は小学3年生になった娘が、2年生の時にシリーズ第1弾を読んで以来ずっと、娘の一番お気に入りの本です。
    その理由は、まず、イラストっぽい挿絵がカワイイこと、6人の人魚の女の子が登場し、その中に自分の理想もしくは自分に似た女の子が必ずいること、全ページに挿絵があり、字数やページ数が少ないこと、などです。
    我が家では、最初は私が書店で見つけてきて、娘にすすめてみたところ、とても気に入ってくれ、第1弾から毎晩寝る前に読み続けて、今は第2弾の4巻まで読み終わりました。
    本の表紙もキラキラしていてカワイイので、読書はちょっと苦手という女の子にも、読書が好きで本はたくさん読んだけれど、この本はまだという女の子にも、ぜひお試し下さい!

    掲載日:2009/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

マーメイド・ガールズ1 1 マリンのマジック・ポーチ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット