もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

わたしおかいものにいくの」 みんなの声

わたしおかいものにいくの 作・絵:おおとも やすお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\790+税
発行日:2008年07月
ISBN:9784494015399
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,969
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 野原の美しさ

    シリーズの「わたしおしゃれをするの」を読んで
    娘がとても気に入ったので、こちらも読んでみました。
    こちらのほうが先発のようです。

    ねずみのりりちゃんが一人でパン屋さんへおつかいに行きます。
    娘に「あなたは一人で行ける?」と聞くと
    即座に「無理」といい「いいの、私はおとうちゃんとおかあちゃんと行くから」とのこと。
    一人でおつかいに行くというシチュエーションは、
    娘にはあまり魅力的ではないようです^_^;

    道中の森や野原の様子がとてもとても美しく
    色鉛筆タッチのやわらかさが、描かれている葉っぱのやわらかさを伝えるようです。
    おつかいの「くるみぶどうぱん」もとてもおいしそうで
    家族3人でお茶を入れて食べるラストシーンは
    それだけで幸せの一場面を見ているようでした。
    おすすめです!!

    掲載日:2008/11/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 応援したくなっちゃう

    5歳次女が選びました。ねずみのリリちゃんが一人でパンやさんにおつかいへ行くお話です。初めは「くるみぶどうパン3つ」と言っていたのに、途中から「大きくなったから一人でお買いものに来たの」とみんなに言うリリちゃん。「リリちゃん、忘れてないかな?」と心配しながら読みました。リリちゃんの得意げな感じがとっても可愛い!絵も繊細で可愛いです。リリちゃんを応援しながら読みました。

    掲載日:2015/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い!

    初めてのお買い物。
    お母さんの心配をよそに意気揚揚と出発。
    すると、周りの人から「偉いわね」なんて褒められてるうちに、何を買うのか忘れてしまいました。
    パン屋さんに八つ当たりするリリちゃん。困ってしまうパン屋さん。
    一生懸命なリリちゃんが、とにかく可愛らしい一冊です。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子らしい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    「わたしおしゃれをするの」を以前読んでこちらも気になり読みました。
    はじめてひとりでお買い物にでかけるリリちゃん。
    自信満々で道行く人にも胸をはりつつ、自信あり気にお店に向かって行きます。
    いざお買い物をする段階で「どうしてパン屋さんなのにわたしのほしいパンがわからないの!」と言われてもパン屋さんは困ってしまいますよね。
    女の子らしいお買い物物語だなーと思いました。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめてのおつかい

    おつかいを「紙に書くわね」と言うママに、
    「大丈夫。覚えていられるわ」とはりきって出かけていく。
    人に会うたび「くるみぶどうパン3つ買いに行くの」と
    確認のように説明するリリ。
    でも途中、「ひとりでおつかいに…」に変わり、パン屋さんに
    つく頃には、何を買いに来たのか忘れちゃった!
    しまいには「どうして分からないの?」とパン屋さんを責めて・・・。

    自立心が芽生え、背伸びするリリ。
    でも、忘れちゃうのも、子どもらしくって、とってもカワイイ♪
    パン屋さんを責めるときには、もう支離滅裂。
    こどもって、かわいいっ☆

    今の世の中、かなり大きくなるまで、ひとりでおつかいに行かせる
    勇気は出ないですが、もし、うちの子におつかい頼んだら、
    こんな感じかな?と想像しちゃいます☆
    TV「はじめてのおつかい」で、後をつけて見守ってる感じの
    本です!

    掲載日:2010/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちがう!という言葉を覚えたお子様にオスス

    • まこみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子2歳

     こねずみリリが、パンやさんまでお買い物に行きます。もうおおきくなったからひとりでいけるの!とはりきりますが・・
    お母さんが持たせてあげるといったメモを、もう大きいのだから大丈夫と持ってこなかったら、案の定忘れてしまい、パンやのおじさんと一緒に一生懸命思い出します。でも、おじさんのいうパンはどれも頼まれたパンとは違い、『ちが〜う!』の繰り返し。
     
     言葉をだいぶ覚えて、自分では意思の疎通がとれていると思っている娘が、なかなか私に正確に意志を伝えられないとき、『ちがうの!!』とちょっとイライラして言う様子と重なり、読んであげたところ、ツボにはまりました。
    ちょうど、お姉ちゃま扱いしてほしい時期だったこともあり、リリの姿に自分を投影しているようです。
    なんども『ちがう!』と繰り返すのですが、言い方を変えて読んであげると、キャッキャッと笑って喜びます。2〜3歳にオススメの絵本です。

    掲載日:2010/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめてのおかいもの

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    とってもかわいいお洋服をきたこねずみちゃんが、はじめておつかいに行くお話です。
    おつかに行く途中に出会うご近所さんと、気さくにはなすこねずみちゃん。かわいいです!一生懸命自慢するところとか、特に!ご近所さんもこねずみちゃんと仲よさそうで、コミュニティーのよさを感じました。
    こねずみちゃんとパン屋さんのやりとりも、またおもしろかったです。自分が買いにきたものを、パン屋さんがわかっていて当然よ!みたいな発言。子どもらしいですよね。でも、心の広いパン屋さんの対応もなかなかでした。
    こねずみちゃんを1人で送り出したお母さんの気持ちを思うと、はらはら心配になりますが、こうやって、子どもは成長していくんですよね。
    お母さんやご近所さん、パン屋さんの愛情と、こねずみちゃんのがんばりがきらりと光る、いいお話でした。

    掲載日:2010/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お買い物できてみんながホッ・・

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    のねずみの「リリちゃん」がはじめて一人でお買い物に行くお話です。

    お母さんの「いけるかしら?」 の不安をよそに・・

    「いけるわ、わたし もう おおきもの!」と自信たっぷりのリリちゃんです。

    お母さんにお願いされる。
    一人で出かける。

    子どもにとってはなんて誇らしい事なんでしょう・・。

    いろんなはじめてがありますが、お買い物は親は本当にドキドキすることですよね。

    道中たくさんの人に会い「えらいね・・」と褒められて、ウキウキ気分もたかまりさぁ・・お店です。

    聞いているこどもたちも自分がお買い物するみたいな気分になっていて、リリちゃんが買うのを心待ちしている様子でした。

    でも、リリちゃん、何を買うのか忘れてしまい・・・

    「ブドウクルミパン」とリリちゃんの買うものを大きな声で教えてくれる子どももいます。

    絵本のリリちゃんと同じように考え込んでる子どももいます。

    子どもの生活のお話って自分のことのようになって本当に楽しいですね。

    はじめてのお買い物の時リリちゃんみたいに上手にできるといいね。

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めてのおつかい

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    お母さんにおつかいを頼まれたリリ。
    大きくなったから大丈夫!お母さんが紙に書いてくれるのを断り張り切ってお買い物へ・・・。
    最初はちゃんと覚えてるけど、いつの間にか何を買うのか忘れちゃう。
    そんな様子が子供らしくてかわいかったです。

    このお話を読んだ後、娘は「今度一人でおつかい行きたいっ!!」と大張り切り!!
    このリリと同様「○ちゃん、大きくなったから大丈夫!」ですって^^
    リリと娘がちょうどぴったり重なって、もうこういう時期が来たんだなぁとしみじみ感じました。

    掲載日:2009/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめてのおかいもの

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    おはなしも、絵も、サイズも、全体的にかわいらしい絵本です。
    りりちゃんがお母さんに頼まれて一人でお買いもの。行き先はパン屋さんです。
    「わたしお買いものに行くのよ!」と自慢しながら歩く様子は、お母さんからおつかいを頼まれた嬉しさがあふれていて微笑ましい。でもやっぱり何を買うんだか忘れちゃって、パン屋さんに逆ギレしている姿もまたおかしくてかわいい。
    娘(4歳)はまだおつかい未経験。車社会なので、うちから一人で買いものに出すのは無理そうです。まずはじめはどこかショッピングモールでお店を指定して試してみようかな。でもパン屋さんは、対面式で取ってくれるところじゃないと難しいですよね。落っことして食べられないパンをたくさん買ってきそう・・・。
    それにしてもこのパン屋さん、とっても私好みです。こんなパン屋さんが近所にあったら通っちゃうなぁ。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / Chocolat Book(5) ショコラちゃんのレストラン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット