庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

やんちゃもののおでましだい」 みんなの声

やんちゃもののおでましだい 作・絵:デイヴィッド・メリング
訳:山口 文生
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年08月
ISBN:9784566008953
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,689
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やんちゃものの心変わり?

    なんともやんちゃそうなオオカミたちの絵にひかれて私が選びました。

    9頭のオオカミの名前がまずとっても面白いです。名前からしてちゃっと問題ありそうな感じです。そんなオオカミたちが自分たちが悪いものじゃないとわかってもらうために頑張ります。長女は見つからないようにほかの動物たちの様子を見るオオカミたちの姿に大笑いでした。私もとっても笑えました。

    動物たちはオオカミがいなくなって初めてオオカミの良さを思い出します。自然体が一番いいと教えてくれる絵本でした。

    掲載日:2013/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • マンガチックな絵が最高

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    作者のデイヴィッド・メリングは、イギリスの絵本作家。
    ユーモラスで、大胆なイラストが、広く人気を博していると但し書にありましたが、まさにその通りの内容です。
    久しぶりに、強烈な個性のある作家との邂逅があった思いです。

    やんちゃものとは、オオカミ一族。
    9匹と赤ん坊という構成ですが、それぞれのキャラクターが、全くと言って良いほど異なります。
    オオカミって言うと、大抵同じような体型で描かれていることが多いのですが、それが、全くの別物として描かれています。

    最初は、満月なので動物達が揃って写真を撮ることになっているのに、やんちゃものだけが来ないというシーンから始まります。
    やんちゃもの以外での撮影をしようとした時に、やんちゃものが乱入して、結局、写真に写っていたのは、やんちゃものだけ。
    これに、腹を立てた動物達は、やんちゃものを朝ご飯に呼ばないことにするのです。

    困ったやんちゃたちが取った行動とは、動物達の日常生活をつぶさに観察して、他の動物達と同じ行動が出来るようにすること。
    他の動物の家を、秘密裏に観察するシーンが爆笑もの。
    詳細に描かれていて、絵がマンガチックなので、なおさら楽しめると思います。
    観察後は、その練習。
    要は、マナー全般について徹底して遵守するということ。
    ものの使い方を覚えたやんちゃたちは、準備万端、動物達の朝ご飯に参加して、快く受け入れられます。
    今度は、逆にやんちゃたちのマナー水準が高くなり過ぎ、動物たちに疎まれてしまいます。
    でも、月が出るや、状況は一変。
    非常に良く練られた展開だと思います。

    繰り返しになりますが、マンガチックな絵なのですが、とても魅力的な絵だと思います。
    ヘラジカが腕組みをして思案している姿なんて、爆笑間違いなしではないでしょうか?
    細かい部分まで丁寧に描き込んでいるので、何度見ても新しい発見がある、そんな絵本に仕上がっています。
    ただ、文章量も多いので、しっかりと流れが理解出来ないと、絵本の楽しみが半減してしまうので、対象年齢はちょっと高めかも知れません。
    他の作品も読んでみたい作家に加えたい1人です。

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • やんちゃぶり

    思いっきりやんちゃぶりを発揮できるオオカミさんが面白いです。孫が我がままを言ってくれるのを楽しみにしている私です。孫もオオカミさんのようにやんちゃぶりを発揮できるように成長してほしいです。小うるさい客のお陰でやんちゃオオカミが、つくづく懐かしくなった周りの動物たちの優しさ、寛大な心に感心しました。9匹のオオカミさんのよそ行きの服装が工夫されていてお洒落でよく似合っていました。あかちゃんオオカミの5匹がとっても可愛らしかったです。のけ者にされても自分たちが考えてみんなの中に入っていく勇気を見習いたいと思いました。仲良くできてよかったです。

    掲載日:2009/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • やんちゃぶりが良いですね!

    物語に登場するいかにも「オオカミ」といった感じの
    オオカミのやんちゃぶりが実におもしろく、かわいらしいお話し。
    そのやんちゃぶりを改めようと、他の動物を観察して
    いろいろ学ぶ姿も笑えます!
    そして、見事に変身したオオカミたちをもとに戻すスイッチが
    ○○ってところも、ナイスアイディアだな〜。
    オオカミのキャラも名前もおもしろいのですが、
    やんちゃなオオカミを温かく見守る周りの動物達も
    いいな〜って、ほのぼのとした楽しいお話しでした。

    掲載日:2008/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然体がいいね

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    おおかみたちのやんちゃぶりに、笑いがこぼれました。
    いかにもいたずら好きそうな表情は、絵本に出てくる典型的なおおかみそのものです!
    そんなおおかみたちを寛容に受け入れているほかの動物たち。彼らの優しさ(忍耐強さ?)にも、感心しました。
    どんなにいたずら好きでも、仲間がいなけりゃ楽しくないですよね。自然体でつきあえる仲間の大切さを実感する一冊でした。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット