大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

まちへおでかけ」 みんなの声

まちへおでかけ 作・絵:チェン・シーシエン
訳:たにおか かよこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1996年06月
ISBN:9784198605216
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
「まちへおでかけ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大きいようで小さい町

    家族でおでかけ。
    ここでこれをみて、次これをみて、そしてそして・・・
    最後に全てがつながって、ひとつの地図の見開きとなります。
    こんなに近くにあったんだ。。。
    そんな気分でしたが、意外と楽しく、
    自分の幼少時代に、町がとても広く感じられていたけど、実はわりと近所で探検していたような、そんなことを思い出しました。
    絵が面白く、一見の価値ありです。

    掲載日:2008/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとあじ違った探し物絵本

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     登場人物は、ぼく、ママ、パパ。みんなで町へお出かけします。町の中の人、建物、乗り物、いろんな色や形、動物…がそれぞれ見開きで図鑑のように紹介され、最後に町の風景が現れます。「あ、これはあそこにあったね!」…というように、最初に登場した人や建物や乗り物が、最後に町の中に生き生きと描かれています。
     この手の探し物絵本は、絵本では初めてでした。(子供の雑誌等にはよく使われていますが…)。小学生になった息子にはちょっと幼いゲームかなと思っていましたが、結構楽しんでいましたよ。パパの顔色が緑なのですが、これって何か象徴するところがあるのでしょうか。作者は米国で絵を学ぶ台湾の若手イラストレーター。絵の具の塗られた表面をスクラッチするユニークな画風です。

    掲載日:2002/11/21

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット