雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

「わたしの家族はいぬのブルース」 みんなの声

わたしの家族はいぬのブルース 作:岸川 悦子
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「わたしの家族はいぬのブルース」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 介助犬との生活

    生後まもなく小児まひにかかった事がで、
    右手がやっと動かせるくらいの重度の身体障害者である、
    千葉れい子さんと、介助犬のブルースの日常を追ったお話し。
    可愛らしい絵と簡潔な文章、そして、実際の写真を織り込んで
    低学年のお子さんでも理解することができて、
    すんなりと読み進められる本です。
    ブルースとの生活と介助犬の仕事、外出についてなど
    生き生きと描かれていて、介助犬の役割を分かりやすく描いてます。
    息子は、れい子さんの仕事が少なくて済むように
    ブルースが覚えた「人間のトイレでの排泄」に
    ブルースとれい子さんの根気強さはれい子さんとブルースの
    信頼が強いからできたことなんだね〜と、
    とても感心してました。
    また、ペットと介助犬の違いなどもわかり
    とても勉強になったようで、介助犬の素晴らしさを
    親子で学びました。

    掲載日:2008/09/25

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ダイズマンとコメリーヌ』 <br>中川ひろたかさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット