ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おさんぽしましょ」 みんなの声

おさんぽしましょ 作・絵:井上 洋介
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1991年10月
ISBN:9784790260288
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,258
みんなの声 総数 3
「おさんぽしましょ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 図書館でみつけたちょっと古い絵本…。
    茶色い洋服のおんなのこの表紙で
    なかなかシック。渋い。
    井上洋介さんといえばくまのこウーフですが
    ナンセンス絵本もいろいろ出されているんですよね。
    これもそのひとつ。
    いろんなものがお散歩します。鉄橋とか
    線路とか。床屋のポールまで。
    それにちょっと動物がからんだりして
    ナンセンスの中にもファンタスティックな要素があって
    とても心が和みます。
    ほっこりしたいときにおすすめです。

    掲載日:2014/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえないものたちのお散歩

    井上洋介さんの絵本を読んでいて、同じモチーフを発見すると妙にうれしくなります。

    そして、ありました。あじのひらきがお散歩するところ。『あじのひらき』という絵本より、こちらの『おさんぽしましょ』の方が先に出版されていることから、こちらの絵本の時にすでにあじのひらきのモチーフがあったんですね。

    この絵本の中には実にたくさんのありえないものたちのお散歩が登場します。

    今は私だけて読んでいますが、この絵本の子どもたちの反応はどうかな?と考えただけでも楽しいです。

    めくりのドキドキ感があるのも井上さんの本ならではと思いました。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなでお散歩。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    おさんぽしましょ、らんらんらん。
    軽快なリズムで、楽しいお散歩が始まりました。
    でも、なんだか、とっても不思議です。
    いろんなものがお散歩していますよ。
    りんご?でんしゃ?
    まあまあお洋服まで…それにまあ…
    と、意外なものの登場に、ちょっと驚いてしまいますが、みんな、楽しそうです。
    まさかと思ってしまいますが、こんなのありかなと思ってしまうのも不思議な感じがします。
    作者の、面白い発想、まだまだ続きそうです。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット