アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

「やまんばとうしかた」 みんなの声

やまんばとうしかた 作:森 比左志
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「やまんばとうしかた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「やまんば」と「うしかた」のお話

    図書館の昔話の棚に置いてあり村上勉の絵だったこともあり、興味を持ちました。

    題名がよくわからなかったのですが、「やまんば」と「うしかた」のお話でした。

    作者名が「森比左志」とあり、知らない作家さんかと思ったら、作者紹介を見て「もりひさし」といえば、エリック・カールやガブリエル・バンサンを翻訳している方だとつながりました。
    きゅうべいさんといううしかたが、牛に荷物を載せて歩いています。そこへ現れたのが、やまんば。荷物の中の干鱈などを食べた上、牛までもペロリと飲み込んでしまいます。その次は、きゅうべいさんなので、きゅうべいさんは逃げ出します。

    やまんばって、人間を食べてしまうのでしょうか?先に読んだ「こめぶき・あわぶき」でも、やまんばが人間を狙っていました。

    とても怖いお話なのですが、村上勉の絵だと、怖さが緩和されてそれほど怖さは感じませんでした。

    このお話、昔話風創作という感じです。きゅうべいさんは、やまんばから逃げられたでしょうか?追いかけっこのお話はハラハラしてしまいますが、知恵を活かすという点ではおもしろいです。
    息子も気に入って見ていました。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



家族みんなでワイワイ遊べるグッズが盛りだくさん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット