なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

「カボちゃんのえんそく」 みんなの声

カボちゃんのえんそく 作:高山栄子
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 2
「カボちゃんのえんそく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 危険だよ〜

    1年1組カボちゃんシリーズの1冊。
    今回はクラス全員でみどり山のてっぺんまで遠足に出かけるお話し。
    最初の方はクラス並んで山登りをしてましたが・・・
    いつものようにピーマンとタマのいたずらで大騒ぎ!
    かなり危険なシーンも有り、息子も「先生は探さないのかな?」
    確かに。こういった引率では先生はしっかりと子どもたちの
    人数を確認しなくちゃ〜。って思いましたが
    遠足は楽しいけれど、決まりを守らないと・・・
    ってことを教えてるのでしょうか?
    ちょっと、やりすぎのタマとピーマンにびっくりなお話しでした。

    とはいえ、みどりいっぱいのみどり山は空気もきれいで
    気持ちよさそう!それに、いつものようにとても落ち着いた
    ハクサイくんの用意周到なところもなんだかかわいらしくて
    笑っちゃいました。

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子が好きなカボちゃん

    息子が好きなカボちゃんシリーズです。

    設定が一年生というところが、四月から一年生の息子の心をくすぐるようです。遠足に来たカボちゃんたち。

    いじめっ子のタマとピーマンは相変わらずという感じ。タマとピーマンが「このさきキケン」という看板の方へ行ってしまいます。

    いつも冷静なハクサイくんが、雷の避難方法を「しぜんとかがく」という雑誌で教えてくれるのがさすが。

    子どもたちそれぞれが個性的で、何だか笑ってしまいます。バラバラなようでいざというとまとまっている感じなのもいいなあと思っています。

    漫画チックな絵とコマワリに最初驚きましたが、子どもにはとても読みやすいようです。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • いちねんせいのいちにち
    いちねんせいのいちにちの試し読みができます!
    いちねんせいのいちにち
    作:おか しゅうぞう 絵:ふじた ひおこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    小学校ってどんなところ? 一年生って何するの? 新入学の親子を応援するガイド絵本。


「ひらこう! とびらえほん」シリーズ 編集者  中村美早紀さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット