モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

キスなんてだいきらい」 みんなの声

キスなんてだいきらい 作・絵:トミー・ウンゲラー
訳:矢川 澄子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\971+税
発行日:1974年
ISBN:9784579401000
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,337
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 反抗期

    誰にでも反抗期があります。
    でも親が嫌いというのではなく
    やっぱり好きなんですよね。
    このパイパーのお母さんはすごくべったりで
    これなら反抗するかも?と思ってしまいます。
    でも単なる変なお母さんじゃないとこがすごいです。
    子供も親もやっぱり愛でつながっているんだと思います。

    掲載日:2011/03/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • ありましたありました、子離れ・親離れ。

    息子の小学校入学時、私もフルタイムで働いていましたから、朝学校に送り出すときは、どうぞ無事で一日が終わりますようにとの思いを込めて、
    「命は〜?」と私、「ひとつ〜!」と息子、
    「おかあさんの愛は〜?」と私、「えいえ〜〜〜ん(永遠)」と息子、
    この合言葉で送り出していました。
    ご機嫌のいい時は、手を振ってくれたり、ハグしてくれたり、ほんとうに二人にとって蜜月でした(笑)。

    ところが、2年生の2学期に入るやいなや、、「命は〜?」「一つ!」
    「おかあさんの愛は〜?」に「いらな〜〜〜い!」と足早に出て行く息子。
    もうこのころには、抱きしめることも逃げられ難しくなっていました。

    とにかく赤ちゃん扱いされている事、庇護されることのこそばゆさ照れくささ、自立の芽をちぎらないでとばかりに、反対のことばかりの言動でした。

    パイパーのママのポーかあさんのように、親が子どもを愛おしんでどこが悪いの?、何も間違ったことをしていないわというような母親としての泰然自若とした姿が、私はできませんでした。

    物わかりの良いような接し方で、息子から遠ざかろうと努力をしました。
    ところが、息子も自立心に振っていた振り子が、依頼心の方に振り戻り
    癇癪を起していましたっけ。

    パイパーのポーかあさんへの思いが最後にわかって、お母さん読者層は安心しそうです。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • こうやって離れていくのかな

    子どもたちはスキンシップが大好き。
    特に、私が「チュウしよう」と言ってキスをするとそれはそれは喜びます。
    でもそんな風に喜んでくれる期間はあっという間なのかもしれませんね。
    この絵本では、ママからキスをされるなんてごめんだよ!という主人公が出てきます。
    きっと赤ちゃんのように扱われるのがいやなのでしょうね。
    いつしか我が子たちもこうやって離れていくのかな。
    読んでいてちょっとさみしくなりました。

    掲載日:2015/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魅力的な登場人物たち

    自分が大好きな絵本です。読むたびに、息子に対する自分の態度を反省したり、将来を暗示されているようでハラハラしたりしてしまいます。でもまた気になって、手にしてしまうという1冊です。
    悪さばかりするパイパー、息子を溺愛するママ、そんな二人を理解してスマートにアドバイするパパ。それぞれがみな人間らしくて(ネコですが)魅力的なんです。
    そして一番強烈なのが、パイパーのけがの手当をする看護婦さん。その容赦ない感じが痛快です。
    ちょっとクセのあるひと味変わった絵本が読みたい方にオススメです。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子とお母さん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    私には男の子はいませんが、思春期の男の子とお母さんってこんな感じなのかなーと思いながら読みました。
    この子は人間でいうと中学生くらいなのかな?あるいはもう少し幼いかもしれませんが。
    あまり親に干渉されたくない子供の気持ちと子ども扱いしてしまうお母さんの気持ち…今なら両方分かる気がします。
    私の今は幼い子供にも思春期の反抗期は来るのでしょうね。反抗期を乗り越えて互いに良い親子関係を築いていきたいと思いました。

    掲載日:2014/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 反抗期?

    反抗期の子どものいるお母さんに読んで欲しいです。
    大人の言うことが全部気に食わない。
    反対のことをする。
    そんな、反抗期?のバイパー。
    でも、絵本を最後まで読んでみると、バイパーはお母さんのことが嫌いなわけではなく、大好きだけど表現が恥ずかしかったり、どうしたらいいのかわからないだけなんだなと感じました。

    掲載日:2013/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • うん、うん

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子13歳

    私は一人息子の母です。
    中一になり、息子は親離れしている真っ最中ですが、
    息子がかわいすぎて、私はなかなか子離れできません。
    この本、お子さんが読むよりも、私みたいな子離れ
    できない親が読むといいかも…と思いました。

    行動的にはかなり過激だし、外国の習慣というか、
    ちょっと日本人にはわかりにくい箇所もありますが、
    子供の成長ってそうだよね…自分もそうだったなぁ…と
    うん、うん、とうなづきながら読みました。
    自分のこと棚にあげて、子供に愛情押し付けちゃだめだな〜
    って反省。
    お母さんとお店に行ってからのシーンで、ほっとします。

    掲載日:2013/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子を持つお母さんに

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    男の子は、小さいうちはとっても甘えん坊で
    ママ〜ママ〜♪と暇さえあれば、ついて回って
    抱きついてきたり、キスしてきたりしてくるのに、
    思春期になると、さすがに親離れしていくんだなあと
    分からせてくれる絵本です。うちの息子は4歳なので
    まだまだ先っという感じですが…。

    思春期に反抗するのは、成長の一つだけれど、
    母親としては切ない思いをしますね。
    主人公のママも、息子を溺愛しているので
    ショックも図り知れません。

    それでも、やっぱり息子が母親の事を大好きなところが
    垣間見られて安心しました。

    9歳の娘がこの絵本の主人公がケンカをして、怪我を
    したところが印象に残っていると言っていました。

    やはり思春期を迎えている男の子におススメです。
    きっと主人公に共感出来ると思います。
    それから、思春期を迎えている男の子を持つ
    お母さんにも読んでもらいたい絵本です。

    掲載日:2011/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつまでも子供じゃないんだよね

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    トミー・ウンゲラーさんが好きなので読んでみました。

    う〜ん、少々スパイスが効きすぎているような気もするけど、子供時代に何度かある反抗期はこんなかんじなのかなあ。

    お母さんのかわいがりようは、私なんて見習いたいくらい、優しくて母の愛がいっぱい。

    でも・・・
    子供にとっては、それがたまらなく嫌なんでしょう。

    私も、もう母親になってしばらくたつので、自分の子供の頃の気持ちなんて・・・忘れちゃった。

    子離れがなかなかできないお母さん、ぜひ読んでみてください(笑)。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • コミック的なアートですね。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    表紙にインパクトがあります。
    この絵本はなんでモノクロで書かれているんでしょう?

    先に同じ作者の「ぼうし」を読んだ後だったので、「ぼうし」に比べると、万人向きの話じゃないな〜。って、気がしました。
    でも、要所要所のイラストは面白いです。
    やっぱりこの作者はコミック向きのアートを描かれる気がします。

    思春期の男の子をお持ちのお母さんは、この絵本を読んだら、安心できるんじゃないかな?

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット