しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

「カボちゃんのかくれんぼ」 みんなの声

カボちゃんのかくれんぼ 作:高山栄子
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 2
「カボちゃんのかくれんぼ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あめのひには・・・ひえ〜!

    娘が幼稚園年中さんの頃かな?に好きで読んでたシリーズなんですが
    お野菜達が登場するこのお話しは小学校を舞台としたお話しで
    登場してくるお野菜達の学年も1年生という設定でしたので
    息子は「1年生になってから読みたいな〜」と、何年も待ち続けて
    やっと最近、読み出してます。
    最初に、この「かくれんぼ」を手にとって読んでたのですが
    シリーズだからといって順を追って読まなくても
    クラスの雰囲気が分かりやすいところがいいですね。
    そして、いたずら悪ガキもいて、1年生ならではのあどけなさもあり
    同じ1年生の息子はとてもおもしろかったようです。
    そして、ちょっと学校の七不思議みたいなものも組み込まれていて
    ドキドキしながら楽しむことができ、息子の学校でウワサになってる
    「ぺたぺたさん」のお話しも話してくれたりしながら
    「どこの学校にもおばけのお話しあるんだね〜」と、
    親近感を感じたようです。

    でも、マンガになれない我が家の子どもたちは
    (実は私もどの順番で読んだらいいのか毎回悩んでしまうので
    そこが苦手で、マンガを読み始めたのは中学を卒業する前でした)
    ところどころに出てくる、マンガ風なところが
    ちょっと受け入れがたい様子でした。

    掲載日:2008/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個性的な子どもたち

    息子が最近好きなカボちゃんシリーズ。図書館ではいつもチェックしています。

    一年生のお話という点も気に入っている理由のようです。

    暗い雨の日。教室ではこんな雨の日にはおばけが出るとタマとピーマンがみんなを脅しています。

    先生に静かな遊びをするようにと言われて、みんなかくれんぼを始めます。かくれんぼって静かな遊び?とツッコミを入れたくなりますが…。

    雨の日の学校って少し怖いかな?おばけ騒動には、強がっていてもまだまだ一年生だなというかわいらしさもあって、それでも元気パワーいっぱいの子どもたち。

    何だか楽しくなってしまう内容、個性的な子どもたちと、息子は等身大の子どもをそこに見ているようで、とても楽しんで読んでいます。

    掲載日:2008/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット