ムーミンママのハンドバッグ ムーミンママのハンドバッグ
絵: リーナ&サミ・カーラ 文: カタリーナ・ヘイララ レーナ・ヤルヴェンパー 訳: 高橋 絵里香  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
原作の世界から飛び出した、持ち歩けるバッグ形のキュートな絵本。

「カボちゃんのプリン」 みんなの声

カボちゃんのプリン 作:高山栄子
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 3
「カボちゃんのプリン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やさしさ

    よくありそうな学校での出来事を
    たくさんの野菜たちを擬人化して物語が展開するこのシリーズ。
    今回は、カボちゃんが風邪をひいて学校をお休みするという設定です。

    カボちゃんとソラオくんの友情。
    体が小さくて、どちらかというといじめられ役のソラオくんの、ここぞという時の勇気。
    とても温かい気持ちになります。
    そのほかのお友達も「こんな子いるなぁ」と思わせるリアルな設定で
    なかなか秀逸な作品です。
    他のシリーズも読みたいと思います。

    掲載日:2009/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしいね〜

    小学校1年1組を舞台にしたカボちゃんシリーズ!
    今回は息子と一緒にほろりとしました。
    クラスのなかでも取り分けちいさくて、いつもいじめっ子に
    いじめられてるそらまめのソラオくんが大活躍!
    席がとなりで親友のカボちゃんがお熱を出して欠席してたので
    給食に出た、カボちゃんが大好きなプリンを届けたい!
    と提案するお話し。

    無事にプリンを持ち帰ったのはいいけど・・・
    と、この先がとても気になってどんどん読み進めて行きました。
    お友達の為に、勇気を振り絞って意見を言えたり、
    お友達のことを考えてくれたやさしいソラオくんが
    たくましく感じました。とてもやさしいですね〜
    そして、その友情をしっかり感じたカボちゃんも・・・。
    とても心温まるお話しでした。

    掲載日:2008/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろな子がいる中で

    息子が好きなカボちゃんシリーズです。一年生のお話なので、これから一年生というお子さんにはタイムリーなお話です。

    今回は、カボちゃんと仲良しのソラオくんのお話です。

    ソラオくん体は小さいけれど、とても親切で誠実な男の子。

    大好きなカボちゃんが、お休みしてしまいます。勇気を出して、カボちゃんのプリンを届けたいと言うところがよかったです。

    ところが、話はそこで終わりません。

    子どもって、一生懸命さのあまり、思いつめてしまうってことありますね。今回のソラオくんがそうなんです。無事にお見舞いに行けたかな?

    毎回、いろいろな子がいる中で、子どもって成長していくんだなあと感じます。

    掲載日:2008/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット