もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

へんしん!たまごにいちゃん」 みんなの声

へんしん!たまごにいちゃん 作・絵:あきやま ただし
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784790251873
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,186
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

27件見つかりました

  • かわいいにいちゃん!

    あきやまただしさんの絵本は、ユーモアがあって、大好きなのですが、
    このたまごにいちゃんも、とにかくかわいい!!
    まだたまごの殻の中にはいっているのに、ちょっといばってる感じが、
    なんともいえないキャラクターをうみだしています。
    調べたら、シリーズであるみたいなので、他のも絶対に読んでみよう
    と思っています♪

    投稿日:2015/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の成長と重なります

    • りかっちぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子7歳、男の子5歳、男の子1歳

    他のシリーズが前にあって、こちらの本になると思いますが、
    我が家はこのたまごにいちゃんシリーズを初めて読みました。

    まず、絵がとってもキュート♪でわかりやすい。
    だから、子供も絵本の中に入りやすい。
    5歳男児、真剣にあっという間に読んでしまいました。

    たまごにいちゃん。ずっと卵のまま?歩いてるし、
    弟と呼んでいるのは、殻のないヒヨコだし、
    何ともおかしな設定ですが、そこがまたかわいい(笑)

    毎日毎日違う自分を感じながら過ごして、
    前の日とちょっと変わったところをお父さんやお母さんに自慢して、
    最後には殻が割れて、急に大きくなって…

    自分の子供もきっと、毎日毎日何か違う自分を感じながら
    成長しているのかなぁ?と、親の私が考えさせられる作品です。

    他のシリーズも読んでみたくなりました。

    投稿日:2014/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな共感!でも、やじ馬

    本来なら殻から出ているはずが、自分の意志で殻を被ったままの姿でいるのが、たまごにいちゃん。

    ダダをこねたり、甘えたり、赤ちゃん返りをしたり・・・。こどもには、よくみられることです。
    大人だって、人に頼ったり甘えたり、一歩を踏み出せない気持ちとか、たまごにいちゃんと同じじゃないかなって思います。

    「まだまだ たまごのままいたい。だって、その方がみんな優しくしてくれたり、助けてくれる。」
    みんなが共感できる思い、あきやまさんの手にかかれば、自分のことを棚にあげて楽しめます♪「あーあー、殻なんかすてちゃえよ〜」って。
    このやじ馬感、サイコ〜☆

    ラストは、たまごにいちゃんに転機!?
    続きが気になります!!

    投稿日:2013/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおきくなったね。

    • みっくるみさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子4歳

    卵のままでいたいたまごにいちゃん。
    娘はたまごにいちゃんシリーズがすきでよく見ているのですが、
    今回もいつ割れちゃうのかなっと心配そうに見ていました。

    でもでも、最後に卵から出てきたおにいちゃんをお母さんがほめていたので、娘もよかったとほっとしていました。

    親子共々、読んでみてほんわかするそんな絵本です。

    投稿日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘も息子も大好きです

    たまごから出てきてもいいのに出てこないたまごにいちゃん。
    我が家にも身近に感じる部分があります。
    主役のたまごにいちゃんも素敵ですが、親の目から見ると
    そんなたまごにいちゃんのペースであせらず育てている
    お母さんも立派だなと感じました。
    育児にも参考になる絵本です。

    投稿日:2012/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 殻が割れる前日の話

    「たまごにいちゃん」シリーズの中の1冊です。

    「たまごにいちゃん」を読んで、殻が割れたはずなのに・・・
    またまた殻の中にいる・・・なぜ???と。

    読んでいくと、なるほど納得です。

    この絵本は、殻が割れる日の前日のお話でした。

    こんな思いがあったとは。

    子供ながらに揺れ動く気持ち、とっても良く描かれていると思います。

    シリーズを通して、お勧めです!!

    投稿日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見えないけれど成長しているんだよね!

    4歳1ヶ月の息子に読んでやりました。殻をつけたまま、でたがらないたまごにいちゃんですが、「本当は少しずつ昨日より成長しているんだ!」には大いに納得。そうなんだよ、どこがどう具体的に成長しているかはわかりづらいけど、絶対昨日とは違うんだよねとうなずいてしまいました。下に妹が生まれて、赤ちゃんのお世話で大変な中、息子があれやこれやと私の気を引くようにわざと行動することもしばしば。そんな息子にいらいらすることもありますが、きっとこのたまごにいちゃんと同じように成長を認めてほしい!と訴えているのかもと私が反省。そうだ、息子も見えない成長を毎日とげているに違いない!そう思えるように。息子はただただ、こっけいなたまごにいちゃんに笑い転げているだけですが、それがいいのかもしれないなー。子供を再発見できた、一冊でしたよ。

    投稿日:2011/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎日を丁寧に。

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    3歳の娘の1日の長さは、30歳の私の10倍だ・・・なんて言います。
    確かに、子どもの頃の感覚と違い、
    今は毎日があっという間に過ぎ去って行きます。
    ついこの間お正月だったのに、もう下半期?あれ、もう年末?・・・みたいに(笑)。

    子供たちは、毎日たっぷりの時間の中で、
    沢山の経験や感動をひとつひとつ積み重ねて、
    それが全部糧になり、毎日どんどん変身しているのですね。
    毎日“新しいたまごにいちゃん”に変身しているのかも^^

    大人の1日はあっという間ですから;、
    ぼんやりしていたら見過ごしてしまうかもしれません。
    目の前の娘達の姿は、今この瞬間しか見られないんだ、
    ・・・ということを心に留めて、
    毎日を丁寧に丁寧に生きていきたいな、と感じさせられました。

    投稿日:2011/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ファンです。

    たまごにいちゃんシリーズは次男が大好きです。
    いつもと同じに見えても実は成長しているたまごにいちゃん。
    毎日のことでなかなか気付かないことが多いですが
    こどもたちも同じかもしれません。
    最後にあきやまただしさんのあとがきを読むのがいつも楽しみです。
    シリーズ全部読みたいと思います^^

    投稿日:2011/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • あの日の衝撃事件の前日に

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    子供って何か自信がつくと、そこでぐっとかわるんだろうな・・・って想像はしてたんですけどこれほどとは。日々子供は変身の毎日なのですね
    今日は何ができた!今日は初めてこんなことをした!そんな話は毎日するように心がけていいます。たまごにいちゃんのように自信につながってくれるといいのですが。

    最後にでもやっぱり大きくなるのが早すぎると反省したたまごにいちゃんでしたが、なんとなんと、そんな次の日に、まさか、あの事件が起こるなんて!!!
    そりゃ、ショックだったはずです。合点がいきました。

    投稿日:2011/05/04

    参考になりました
    感謝
    0

27件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第三弾は遊園地へ

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット