貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

へんしん!たまごにいちゃん」 みんなの声

へんしん!たまごにいちゃん 作・絵:あきやま ただし
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784790251873
評価スコア 4.74
評価ランキング 899
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ユーモアいっぱい!

    久々にたまごにいちゃんシリーズを手に取りましたが、やっぱ面白い!
    たまごにいちゃんの言動1つ1つが子供にそっくりで、
    親の方がついつい共感しちゃいました♪
    少しずつ生意気になっていくというのか、
    言い訳とかも高度になっていくし…
    それでいてまだまだ甘えん坊。
    まさに我が家の1年生坊主そっくりでした(笑)
    本人にいったら怒りそうですが^^;
    子供も大好きなシリーズなためか、
    やっぱ面白い!!と喜んでいました♪

    掲載日:2009/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きです

    たまごにいちゃん大好きです!でもたまごにいちゃんは既に卵の殻が割れてしまったはずでは・・・。と思って読んだのですが割れるちょっと前のお話だったんですね。たまごにいちゃんはたまごにいちゃんでもちょっとずつ成長していたんですね。たまごにいちゃんは自分でそれに気づいていて嬉しくて表紙のポーズを思わずとってしまったんですね。
     たまごにいちゃんだいすきですがたまごにいちゃんのおとうさん・おかあさん・弟達も大好きです。

    掲載日:2008/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の成長!

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    たまごにいちゃんは作者あきやまさんの息子さんがモデルだそうですね
    このたまごにいちゃんシリーズは小学校で1年から6年生までの学年ごとのブックトークで読み聞かせしたことがありますが、どの学年にもたまごにいちゃんの心に共感するところがあるようで、子供の反応に楽しませてもらいました
    今回の作品は、子供の成長の一つ一つがすべて親の感動になると再認識させてもらえるんじゃないでしょうか
    あたりまえのようで、実はすごく大切なことなんだと・・・
    おとなの方にもぜひ読んでいただきたい絵本です

    掲載日:2008/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家のたまごにいちゃんも成長してます

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子10歳、女の子9歳

    『たまごにいちゃん』シリーズ第8弾。
    また、新しいたまごにいちゃんに会えてうれしかったです。
    息子が小学1年生の時に『たまごにいちゃん』に出会い、
    とても楽しくって、お気に入りになり、新しい絵本が出るたびに読んでいます。
    そんな息子ももう5年生。
    絵本との距離も昔とは違ってきましたが、
    まだなんとか細い糸でつながっているように感じます。
    作者:あきやまさんも冒頭で書かれていますが、私も同じ気持ちです。
    あまり変化はないけど・・・毎日、少しづつ成長しているのです。
    これからも影の応援者でありたいし、
    『たまごにいちゃん』と一緒に成長していってもらいたいです。

    掲載日:2008/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供は日々成長!

    「たまごにいちゃん」は、あきやまただしさんの本の中でも、1番好きなシリーズです。
    その「たまごにいちゃん」の最新刊。すぐに手にとりました。

    なかなか、たまごの殻をやぶって出てこれない、たまごにいちゃん。
    でもね、殻の中にいて、ぜんぜん変化していないようでも、毎日毎日、どんどん成長しているのです。身も心も。
    そうなんですよね。
    けして、劇的なことがおこるわけでもない、毎日毎日の同じような生活の中にあっても、子供というのは、どんどんどんどん成長しているんですよね。
    背も伸びる。体重も増える。歯も抜ければ、次が生えてくる。
    毎日見ているから、なかなか気づかないけれど、ふと「あれ?大きくなってね。」ってある時思う。子供の成長ってすごいです。
    そんなわが子と重ねあわせて読みました。
    たまごにいちゃん。次作は、どんな展開になるのでしょうか?どんな成長が見られるのかな?
    たまごにいちゃんの変身が楽しみです。

    掲載日:2008/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • へんしん!

    お馴染み、あきやまただしさんの「たまごにいちゃん」シリーズ。
    今回はタイルを読んで「???これはへんしんシリーズ?」
    と、一瞬思ってしまいましたが、普通にたまごにいちゃんの
    お話しでした。
    いつものように、まだまだ抜け出したくない
    卵の殻に入ってるたまごにいちゃんがカラスに追いかけられて〜
    というラストになるのですが、
    今回のお話しは子どもたちのいろいろな成長&変化を綴ってます。

    お父さん、お母さんに「ねえ、何か変わってない?」と
    自分がどこか変わってないか?尋ねるたまごにいちゃん。
    見た目は変わりないのですが・・・
    (でも、実は変わってるんですが、私もそれには気づかずに
    たまごにいちゃんの申告により気づきました (^◇^))
    外見の変化ではなく、内面の変化を気づいて欲しかったようですが
    その内面的な変化、ん〜、初めて経験したことのエピソードが
    クスッと笑えることだったり、「ん〜、いいところに気づいたね」
    と思うようなことで、そっか〜、身長や顔つきに変化がなくても
    子どもたちは、毎日の生活のなかでのいろいろな経験で
    確かに成長してるよね〜。と、子どもたちのいろんな成長を
    楽しむことに気づかされ、その変化を
    子どもたちにも分かりやすいように、子どもたちが大好きな
    TVヒーロー達がつかいう「へんしん!」でまとめてるところも
    いいな〜って思っちゃいました。

    掲載日:2008/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット