もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

「「京の絵本」祇王・仏」 みんなの声

「京の絵本」祇王・仏 作:丹波貴子
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「「京の絵本」祇王・仏」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 祇園精舎の鐘の声〜

    白拍子祇王の話は、私も学生時代に学んだお話しですが
    “祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり〜”で始まる
    「平家物語」の巻第一「祇王」で語られていますね。
    平安時代末期に、時の権力者であった平清盛に寵愛されていた
    白拍子・祇王は、ある日の出来事で突然捨てられてしまう。
    悲しみの祇王は、母と妹とともに都を去り、
    山里で尼となり生涯を送った・・・。
    権力者の身勝手さが、描かれています。
    昔は、たくさんの女性が権力を持った男たちに、
    翻弄され、涙を流していたのだろうかと思うと、とても
    切なく、悲しいです。
    学生時代に学んだお話しとは違って、
    挿絵も一緒にこうして絵本となると、白拍子の様子や
    祇王・仏の美しさが伝わるような色使いに、美術集をみてるような
    感激を受けます。
    また、その時代に生きる女性達の力強さも感じました。

    それにしても、いつも思うのですが
    わずか21歳・17歳で出家するというのは
    私には想像を超える世界です。
    小学校中・高学年からお薦めの絵本です。

    掲載日:2008/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



永遠のウルトラ少年・少女たちへ捧ぐ!ウルトラセブン絵さがし本

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット