庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

とんとんみーときじむなー」 みんなの声

とんとんみーときじむなー 作・絵:田島 征彦
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1987年03月
ISBN:9784494006434
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,610
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 憎しみと友情

    友達思いのキジムナーと母親思いのとんとんみー。
    出会いはともだちを失ったキジムナーの復讐が、少年とんとんみーの母を思う心にサンシンに変わり、きれいな花に変わってしまいます。
    お礼を言うためにとんとんみーがキジムナーを追いかけたところで、二人は出会いキジムナーは憎しみを捨てるのです。
    理解し合うことがいかに大事か、この絵本は語ってくれます。。
    憎しみに終わらない沖縄ならではの心の広さを感じました。
    沖縄の守り神のキジムナー、あだんに変って沖縄の人たちには親しみのある木の伝説でした。

    掲載日:2011/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 田島さん

    田島さんの作品だったのでこの絵本を選びました。溶解と言うと怖いイメージがある私ですがこの絵本を読むと実に様々な溶解がいるのだと思いました。人のために自分を犠牲に出来る主人公は素晴らしいと思いました。主人公の花がとても美しく主人公の心を映しているようで感動しました。沖縄の雰囲気あふれる描き方が気に入りました。

    掲載日:2010/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犠牲

    きむじなーは、仇だと思っていた男の子のとんとんみーの為に自分の命

    を惜しまずに男の子を守ったのが、凄く感動しました。

    親孝行の男の子のとんとんみーは、きっととうさんが守ってくれている

    し、病気のかあさんの為に一生懸命働いていてくれるので感謝している

    と思いました。沖縄の伝説を知ることが出来て、娘の親友も情が深いの

    が納得できたような気がします。

    掲載日:2010/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • キムジナーって、好きなんです!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    各地方の妖怪の中でも、キムジナーは特に好きな妖怪なんですよ〜。
    この絵本では「きむじなー」と、ひらがな表記してあります。
    このきむじなーを読んで、上の子と、キムジナー議論をしてしまいました。私たちの意見は、たぶん当時沖縄に漂流していた外国人か、外国人との間にできた2世が、姿をかくして人里離れて住んでいたのでは?ということで、話はまとまりました。

    皆さんはどう思われますか?

    このお話に出てくる「きむじなー」は、仲良くなった人間の子どものために命を落として伝説の花になってしまう。
    悲しくも温かいお話で、胸が痛かったです。
    物語性が高く、沖縄の地域性がすごく出ている絵本なので、設定が理解できる高学年以上のお子さんにお薦めします。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ミナミトビハゼ」なんだ・・・

    • ちうやかなさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子13歳、男の子10歳

    「キジムナー」は知っていたけど、
    「とんとんみー」はハゼなんですね。
    沖縄の香りいっぱいのお話。
    『てっぽうをもったキジムナー』の「キジムナー」と違い、
    本当の樹上の精霊のほうは、実にユーモラスないいやつです。
    なぜか沖縄料理が食べたくなった!

    掲載日:2008/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット