十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ゆうやけこぞう」 みんなの声

ゆうやけこぞう 作・絵:梶山 俊夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2008年11月
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
「ゆうやけこぞう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 梶山さんの幼い頃の思い出に からすうりが出てくるのでしょうね
     
    ♪秋のうた♪
    まっかだな まっかだな からすうりってまっかだな もみじのはっぱも まっかだな しずむゆうひにてらされて まっかなほっぺたの きみとぼく まっかなあきにつつまれている

    こんな歌を口ずさみたくなります

    ゆうやけこぞうが かくれてる
    かぞえうた もぐら のうさぎ  やまどり(おしゃれが笑えます)
    むささび かめむしまででてきて どちらかというと カメムシは 臭くて 嫌われ者ですが・・・
    梶山さんの絵が 愛嬌があって
    動物たちが 生き生きとして かわいい
    のぎつねが からすうりを ここのつぶらさげて あぶらあげ 買いに行くところは お話しの世界のおもしろさが伝わり ほっこりします
    ラストは からすうり とう(十個)かな?と思っていたら なんと おもしろいんです
    ここが 梶山さんの センスであり 遊び心でもある絵本だな〜
    わらべうたで 歌いたくなるような 楽しさがあります

    掲載日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数え歌

    夕日が沈む時の空の色が目に浮かぶようです。

    手書きされた文字が、親しみを持てて何故だか遠い昔を感じるのは私だ

    けでしょうか?

     
     ひとつ  ふたつ  みっつ  よっつ  いつつ ・・・・・


    と数え歌も、幼かった昔を思い出しました。

    動物や虫さんたちの描き方も親しみやすいし、優しい描き方に満足しま

    す。愛嬌があって可愛いです。

    掲載日:2010/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 梶山さん

    以前にも梶山さんの作品を読んだ事がり素敵だったのでこの絵本を選びました。様々な動物が登場するのが楽しかったです。 文章の書き方も活字ではなく味のある直筆で原稿用紙に描かれている所が独特かつ斬新で素晴らしいと思いました。登場人物と共に数を学べるのも良いと思いました。あれだれだろう?と読者にいったん問いかけるのも考える力が付くので気に入りました。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット