雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

ペンギンのヒナ」 みんなの声

ペンギンのヒナ 作:ベティ テイサム
絵:ヘレン K. デイヴィー
訳:はんざわのりこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784834023589
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,102
みんなの声 総数 6
「ペンギンのヒナ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • コウテイペンギンの家族!

    コウテイペンギンの成長が描かれた絵本です。
    コウテイペンギンのお父さんお母さん赤ちゃんと,家族の繋がりや役割も学べる絵本で良かったです。
    なかなかコウテイペンギンを見ることはできないので,絵本で知識をつけられるのは嬉しいですね。

    掲載日:2016/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペンギンの子育て

    このお話は皇帝ペンギンの子育てを描いたお話でした。お母さんとお父さんが交互にヒナをあっためたりしている姿がとってもけなげでかわいかったです。うちの子はペンギンのお父さんが卵を温める姿がとっても気にいっていました。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園でペンギンのお話を聞いてきてから興味を持ったようなので家で読み聞かせしました。コウテイペンギンの子育てについて書かれた絵本で私が知らないことも多かったです。例えば
    ペンギンのメスはたまごを産むとオスにたまごをたくし二ヶ月ぐらい帰ってこないがヒナがかえるとオスが鳴き、その声を聞いてめすがすぐに帰ってくるとか オスがたまごを温めている場所の名前とかヒナが集団ているばしょの名前なども載っています。最後まで読むと解説が載っており他の代表的なペンギンの名前なども載ってました。あと楽しかったのはオスペンギンがたまごを乗せたままの移動をやってみようというものです。やりましたが本当に難しかったです。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペンギンの子育ては過酷です!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    表紙絵は、遠目絵見たら「写真絵本?」といいたくなるほど丁寧なペンギンの親子を描いてくれています。
    絵はヘレン・K・デイヴィーさんという方が描いていました。
    小さい子向けの科学絵本なので、
    (読んだ感じでいくと)小学校に上がる少し前の6歳くらいから、小学校中学年くらいのお子さんたちに「ペンギンの生態」がわかるように書かれています。
    タイトルに“ヒナ”とあるように、特に親のペンギンが卵を温め続けてヒナがかえるまでのところを一番丁寧に説明してくれています。
    こうやって見ると、ペンギンの子育てって、動物の中でも特に過酷なような気がします。
    ヒナの成長が分かりやすいように、季節を追ったヒナの成長を描いているページもあるので、とても分かりやすかったです。

    日本では水族館に行かないとなかなか会うことのできないペンギンですが、絵本を読んでいるうちにとても身近な存在に見えてくるから不思議です。

    掲載日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間と重なるところがあります

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    ペンギンの夫婦は、ひとつの卵を大切に大切に、協力して育てます。
    ひなになってからも、とてもかわいがっています。

    この絵本を読んで、子どもたちは自分もこんなに大事に育ててもらってと感じるでしょう。
    ペンギンの生態も分かる絵本です。

    絵もすばらしく、図鑑としても読めます。
    文章も分かりやすいです。あまり感情表現がないところがいいです。

    寒い時期におすすめです。

    掲載日:2009/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペンギンの子育て

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    南極のコウテイペンギンの子育ての様子を描いた科学絵本です。
    雪と氷だけの環境の中で、ひたすら立って卵を温め続けるオス。
    食べ物を探してくるメス。
    夫婦で協力してヒナを育てる姿はとても素敵で、
    心がほっこりします。
    私も初めて知ったのですが、少し大きくなるとヒナの群れはクレイシという
    保育園のような集団過ごすようになるのですね。
    ペンギンの生きる知恵が体感できます。
    ヒナの様子がとてもかわいいので、子ども達にも親近感を持ってもらえると思います。

    掲載日:2009/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット