あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

とんがとぴんがのプレゼント」 みんなの声

とんがとぴんがのプレゼント 作:西内 ミナミ
絵:スズキ コージ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784834023770
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,613
みんなの声 総数 15
「とんがとぴんがのプレゼント」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • サンタさんへのプレゼント

    このお話は、とんがとぴんがというサンタさんと一緒に住んでいるハリネズミたちがサンタさんにプレゼントを作ってプレゼントするお話でした。サンタさんの靴下に穴が開いているので、自分たちで毛糸から調達して自分で染めて編む様子がとってもけなげでかわいいお話でした。

    掲載日:2016/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • お手伝いをしてくれる大人の方々の名前が

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    単純でいいなあと思いました。最終的に、編む方編まれる方、双方の希望が合致して立派なプレゼントの靴下が出来上がりました。サンタクロースも、クリスマスの日以外はハリネズミの夫婦と暮らす普通のおじいさん。スズキコージ先生のこの絵がまたいい。

    掲載日:2014/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタさんにもプレゼント!っていう気持ち、とっても素敵です。
    優しいはりねずみの夫婦には、感心しました。

    一年かけて作った心のこもったプレゼントは、できたてホヤホヤ!丈夫であったかそう!
    サンタさんにぴったりのプレゼントですね。

    ニコラスおじいさんの「メリーサンキュー!」には、思わず笑ってしまいました!
    なんてチャーミングなおじいさん!いや、サンタさん!(笑)

    クリスマスのほっこりするお話と、スズキコージさんのカラフルで味のある絵に癒されます。
    青と白の深い雪景色がとっても好き!あとひつじも!

    お気に入りのクリスマス絵本です。

    掲載日:2014/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なプレゼント

    はりねずみの夫婦が、ニコラスおじいさんの赤い靴下に穴があいているのを知り、1年かけてプレゼントをする為に働きます。サンタさんであるニコラスおじいさんは、いつもプレゼントをするばかりで貰ったことがないからです。二人は、とてもよく頑張って働いてます。1年もかけて羊の毛から、毛糸につむぎ、赤い毛糸に染め、そこまでは上手くことが運んだのですが、編み物工場では断られたけれど、エレックさん一家に歓迎されてやっと念願の赤い靴下を完成することが出来てほっとしました。1年もかけてのとても気持ちのこもったプレゼントだからクリスマスまでに間に合うのか心配でした。「便利な新しい機械があなたの夢を叶えます」のエレクト工房の6人の子供たちにも最後には、編み物機械に注文がいっぱいきたのでとんがとぴんがのおかげかでよかったと思いました。人に親切にすれば、見返りを期待しなくてもきっといいことがくるのだと思いました。温かいお話でスズキコージさんの絵もとても迫力があって思いが熱く伝わってきました。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • メリー サンキュー!

    子供のクリスマスプレゼントに購入しました。
    フレーズの繰り返しによってお話が進行していく、物語の定番的なストーリーですがそれぞれがとてもイメージのふくらむ内容で、安心して読むことができました。ニコラスおじいさんの「メリー、サンキュー!!」は、子供のお気に入りです。
    作者の西内さんは『ぐるんぱのようちえん』の方だったんですね! こちらはスズキコージさんの絵だったのでイメージがまったく違い、同一作者とは気づきませんでした。でも物語に漂う安心感、ほのぼの感は共通していますね。
    スズキコージさんの絵の豊かな色彩が、お話にもばっちりハマっています。子供は描き込まれた絵からいろんなものを見つけ、「こんなのあるよ!」と探すのも楽しみなようです。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなハッピー☆

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    絵本原画展に行ったときに、スズキコージさんの
    『とんがとぴんがのプレゼント』の原画が展示してあり
    ダイナミックで色遣いがはっきりしていて何度も重ねて
    塗られている質感がとても素晴らしかったです。

    娘が、とんがとぴんががとっても可愛い〜♪と言って
    絵本を読みたがっていたので、図書館で借りてみました。

    何色も何色も重ね塗りしてあり、瓶の中に入っている
    染め粉や毛糸のカラフルさには、目を奪われました。
    見ているだけでワクワクしてきます!

    登場人物がみんなそれぞれに相手を思いやる気持ちを
    持っていて、途中で苦労をする場面もありますが
    最後にはみんなハッピーな気持ちになれます♪

    作者の西内ミナミさんは、『ぐるんぱのようちえん』を
    書かれた方で、ぐるんぱのお話も苦労の後にみんなが
    ハッピーになります。うちの子どもたちも大好きな絵本です。

    娘は、最後にはおじいさんもとんがとぴんがもエレックさんも
    みんな幸せになれて良かったね〜♪と喜んでいました。
    そういえば、このサンタさんは、やせてるね〜と笑っていました(*^_^*)

    掲載日:2010/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一風変わったクリスマス絵本

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    ちょうど同じ日に読んだ「ペレのあたらしいふく」とストーリーが似ていたのでびっくりしました。
    ペレは自分のために羊の毛を刈って洋服を作りますが、この絵本に登場するハリネズミのとんがとぴんがは、一緒に暮らしているニコラスさんのために靴下を作ります。
    そう、ニコラスさんという名前から想像ができるとおり、これはクリスマス絵本です。
    そうとはしらず、ずいぶん時期はずれに読んでしまったと焦りましたが、1年かけて靴下を作るおはなしなので、まあ、結果的にはOKでした。
    最後に靴下を編んでくれるのが、発明家が発明した機械というところが近代的で面白かったです。
    そしてそんなおはなしを盛り上げてくれるのがスズキコージさんの独特な絵。
    一風変わったクリスマス絵本を探している方におすすめです。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心温まる絵本

    スズキコージさんの色鮮やかな絵にひかれて読んでみることにしました。

    「ペレのあたらしいふく」や「アンナの赤いオーバー」を彷彿とさせる場面があります。

    とんがとぴんがが赤い靴下を頭に載せているところが、帽子をかぶっているようでかわいらしく思いました。

    息子は、はりねずみがどんな仕事をするのか興味津々で見ていました。

    はりねずみが、針で牛を追うのがおもしろかったようです。

    スズキコージさんだから、おもしろ系というわけではなくて、心温まる絵本もありますね。

    ある意味意外でしたが、クリスマス絵本として覚えておこうと思います。

    掲載日:2009/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかいお話

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    ニコラスおじいさんにクリスマスプレゼントをしようと頑張るはりねずみのとんが&ぴんが。
    2人のけな気に働く姿と、おじいさんにむけた優しい気持ちにポカポカと温かい気持ちになれます。

    1年という長い月日をかけ、おじいさんに赤いくつしたをプレゼントするために働く2人。
    小さな体で頑張る姿は、本当にかわいらしいです。
    刺されたヒツジの表情には笑ってしまいましたが。

    奇抜な絵の印象が強いスズキコージさんの絵も、このお話にピッタリとあっています。
    寒い冬が、優しくあたたかで、賑やかなものに感じられました。

    掲載日:2009/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • まともだね

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子7歳、女の子5歳

    「え〜、この絵本結構まともじゃん。」
    長女の最初の感想です。このことばには(スズキコージさんの絵本なのに、まともじゃん)という意味が込められています。
    うちに何冊かあるスズキコージさんの絵本はとにかくつかみどころがなくて、意味不明のものがほとんどだからです。
    訳が分からないのにみんな結構好きなんです。

    でも、こんな正当な心温まるクリスマスの素敵なお話に、スズキコージさんの絵がすごくぴったりだと思いました。
    とても幻想的で、特に冬の絵がいいんです。
    実はクリスマス終わってから読んでしまったので、今年はちゃんとシーズンに合わせて読みたいと思います。

    掲載日:2009/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / まっくろネリノ / もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット