あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

ゆうかんなちびの仕立屋さん」 みんなの声

ゆうかんなちびの仕立屋さん 絵:スベン・オットー・S
訳:矢川 澄子
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1982年04月
ISBN:9784566001596
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,042
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 冒険

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子11歳、女の子7歳

    長靴をはいた猫を彷彿とさせるストーリーです。
    勇敢な、とんちの働く主人公のサクセスストーリーに、こども達はわくわくさせられ、物語の世界に引き込まれていくことでしょう。冒険心わいてくる絵本です。

    グリム童話ってそれにしても色々なお話があるのですね。

    掲載日:2013/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • グリムにしてはストレートな立身出世物語

    ちびの仕立屋さんの立身出世物語です。
    仕立屋さんが買ったジャムに群がるハエ。
    ハエを一度に7匹も殺したことが、ギネス級だと自信を持った仕立屋さん。
    周りの勘違いもあって、やることがトントンとうまくいきます。
    そしてとうとう王様の娘と国の半分を手に入れてしまいます。
    グリムにしては愉快でストレートな成功譚。
    グリム作品を見てきた中で、スベン・オットーの絵は初めてですが、単純明快でバタ臭い絵(?)がこの話にピッタリ。

    物語の突っ込みどころとしては、王様となった男とお妃となった娘の行く末。
    この男が単なる仕立屋だと知った娘は、自分の夫を追放しようとするのですが失敗するのです。
    仕立屋は一生王様として過ごしたというのですが、幸せだったのかな?
    読み取れば子ども心にも理解しづらい結末でした。

    ところで「ちびの仕立屋さん」という主人公設定に、小さな主人公を想像したのですが、ここでは若造と読み替えた方がすんなりするかも知れません。
    一寸法師だったら、きっとお妃様も疑心暗鬼にはならなかったでしょうから。

    掲載日:2011/08/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット