たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

アリババと40人の盗賊」 みんなの声

アリババと40人の盗賊 再話・絵:マーガレット・アーリー
文:清水 達也
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1996年09月
ISBN:9784566003545
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ペルシアやエジプトやアラビアに伝わる民話

    ごぞんじ、「アリババと40人の盗賊」は、「アラビアンナイト」と、いう本の一篇です。ペルシアやエジプトやアラビアに伝わる民話や昔話をまとめたものらしのですが、エキゾチックな雰囲気は、こころおどらせます。らくだに乗る日を夢見たあの頃、魔法のじゅうたんで、世界をぶっ飛ばせ!

    掲載日:2002/06/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • ペルシャの細密画

     アリババのお話は知っていましたが、あらためて読んでみると、けっこうサスペンスですね。
     アリババより、お手伝いさんのモルジアーナがすごいなと思いました。

     ペルシャの細密画のような絵が、とてもきれいでした。ページをめくるごとに、ちがう模様が楽しめます。衣装や樹木などもこまかく描かれています。

     ストーリーを知っていても、やっぱりおもしろいお話でした

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペルシャの精密絵の見事さ

    アラビアンナイトの有名なお話です
    見事なまでの演出  お話はスリル満点でした。
    マーガレット・アーリーのペルシャ風の絵は見事です!(オーストラリアの女流画家)
    イスラム寺院のモザイクの美しさのようでもあり鮮やかな色遣いです。平面的な描き方ですが 壁画を見ているようでした

    もちろん このお話のおもしろさを引き立ているな〜と思いました
    アリババの兄はよくばりで、盗賊に殺されされてしまいます。残酷にもずたずたにされたのですが・・・・アリババは賢いお手伝いのモリジアーナの知恵を借りて、 靴屋の職人に縫い合わさせるのです。
    えっ!と思いました(よく考えれば怖いです)

    この知恵は お手伝いの モルジアーナの賢さですが、壺に入った盗賊を煮えた油で殺したり、盗賊の頭(かしら)を剣で殺すという、残酷さ もちろん身を守るためでしょうが・・・・
    お話の世界とはいえ 凄い女性だと思いました

    しかし、劇場で見ているような スリルのあるお話でした
      
    アリババ一家はのちのちまでも、アラーの神に守られ、町の人々から
    尊敬されたという。ハッピーエンドな話でした(アリババは富を独り占めにしないで公平な人だったのですね)

    アラーの神の道徳心を解いたおはなしですね
      

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どろんこハリー / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット