十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

金のひかりがくれたもの」 みんなの声

金のひかりがくれたもの 作:ピョートル・ウィルコン
絵:ジョゼフ・ウィルコン
訳:久山 太市
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1997年11月
ISBN:9784566003774
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一番大切なものは・・

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    幻想的な絵に惹かれたのか、題名に惹かれたのか、長男が図書館で自分で選びました。
    王様のところに、何でも金色に変えてくれる魔法使いがやってくることで起こる騒動のお話です。何でも金に変えられると聞くと、権力者ならいてもたってもいられなくなるのかもしれません。
    ちょうど私が歴史小説を読んでるので、秀吉の金の茶室のようだなあと思いながら途中の場面を読みました。

    逃げ出した魔法使いが、再び訪ねてくるラストが良かったです。
    人間にとって一番大事なものが何か、教えてくれてるような気がしました。
    金のひかりが大切なことをこの王様一家にもたらしたのですね。

    外国のお話ですと、翻訳された日本語が不自然で気になることがありますが、
    このお話は、すんなりとストーリーに入り込みながら読めました。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット