だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

しょくぶつ・すくすくずかん (3) リンゴ」 みんなの声

しょくぶつ・すくすくずかん (3) リンゴ 作・写真:バーリィ・ワッツ
訳:舟木秋子
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1992年10月
ISBN:9784566004948
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リンゴが大きくなる様子

    3歳4ヶ月の息子に読んでやりました。特別リンゴが好きなわけではないと思いますが、実がなっている様子が大好きな息子。街中ではなかなかみられないので、リンゴで見せてやりたいとこの本を読んでやりました。

    写真で綴られるリンゴの成長の様子。まだ花と果実が結びつかない様子ですが、それはやむをないと思い、とにかくこの花のここのところに赤ちゃんのリンゴがあるよねーと強調。それだけはわかってくれた様子。たいがいの花にはその果実のなる部分がちっちゃくなってあるものですので、このパターンを覚えてもらいたいものです。そして、日を追うことにその小さい部分が膨れて大きな果実になっていく様子がうれしいみたい。自分からページをめくって大きくなる様子が楽しくてしょうがないです。

    たまにはこういう写真で綴る、自然の様子もいいかなーと思って読んでやります。変わっていく様子をページをめくるだけで理解することができるこういう本はとても助かります。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット