ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??

しょくぶつ・すくすくずかん (4) ソラマメ」 みんなの声

しょくぶつ・すくすくずかん (4) ソラマメ 作:クリスティーン・バック
写真:バーリィ・ワッツ
訳:舟木秋子
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1992年10月
ISBN:9784566004955
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,512
みんなの声 総数 2
「しょくぶつ・すくすくずかん (4) ソラマメ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ソラマメの成長の仕方

    この絵本は、そら豆の成長の過程が写真で紹介してあるものでした。なので、とってもわかりやすかったです。いつもお父さんがおつまみで食べているソラマメがどうやって大きくなっていくのかを絵本を読み終わった後お父さんに教えてあげていました。

    掲載日:2017/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 植物の育つパターンと似ているけどね

    3歳7ヶ月の息子に読んでやりました。何度となく身近な色々な野菜を中心にその育っていく様子を聞かせてきたせいか、もう分かっているよーなんてそぶりを見せましたが、最後にでてきたふさとその中に納まっている豆にはちょっとびっくりした様子。似ているけど、形が違うのさ!とソラマメを教えてあげる事ができました。

    豆が地面にうわって、根がでてきたり、芽がでてくるところ、茎がのびて花になり、実がなるところまではたいていどの植物も似ている。違うのは、房がたらーんと長くなっているところ。息子もんん?といつもと違う展開にびっくり。そして中をあけるとこの間食べた豆が3粒。

    こうやって似ているけど、姿や形が違って名前が違う、どんな味だったかも思い出してもらおうとがんばってみました。なかなか題材にあがってこないソラマメですが、たまにはおもしろいですよ、子どもの意外な反応を見るのも。

    掲載日:2011/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『夏の日』『ゴムの木とクジラ』 <br>白鳥博康さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット