しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

てっぺんいすの木」 みんなの声

てっぺんいすの木 作:山本 斐子
絵:吉本宗
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1995年06月
ISBN:9784566005037
評価スコア 4
評価ランキング 22,888
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あの木がなかったら

    あの木がなかったら、僕は生まれなかったかも知れない。
    ふとそんなことを感じました。
    おじいちゃんが何十年も前に始めたリンゴ畑で、お父さんが気に入っていたてっぺんいすの木。
    お父さんはその木とともに育ち、恋もしたけれど、その木を残し、都会に出て町で働き始めました。
    おじいさんがリンゴの木を植え直した時に、一本切ることができなかったてっぺんいすの木。
    お父さんが都会の仕事を辞めて、おじいさんの仕事を継ぐことになったのも、てっぺんいす木にのぼり、見渡した懐かしいふるさとの風景があったから。
    てっぺんの木があったから、お父さんは故郷に戻り、お母さんと結婚したから僕がいる。
    そう考えると、てっぺんいすの木は、僕の神様かもしれない。

    勝手に考えてしまいましたが、私のルーツも、父母がいるから。
    父母の出会いを考えていくと、なんだか甘酸っぱい気持ちになります。
    自分が育ったのではないけれど、父母の故郷は自分の原風景のようです。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大声で泣いたことのあるすべての子どもと大人に贈る物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット