ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

みにくいアヒルのこ」 みんなの声

みにくいアヒルのこ 作・絵:ジョナサン・アレン
訳:久山 太市
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年04月
ISBN:9784566005198
評価スコア 2.5
評価ランキング 66,093
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 言葉が気になります

    • もももももさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    しかけ絵本で楽しそうだったのと、絵が海外作家さんの雰囲気で良さげだったので、図書館にて借りました。

    「みにくいあひるの子」のお話自体は、誰でも知っているポピュラーなものですが、翻訳のせいでしょうか・・・言葉が汚いのが気になりました。

    みにくいあひるの子が、自分の母を探して転々としているのですが、そこで色んな動物に「けっ!ばーか」とか言われている台詞などがとても多いのです。

    最初は書いてあるとおりに読んでみようと、思ったのですが、あまりにそれが続くので、少しうんざりして、台詞の部分は省略して読み聞かせしました。

    これから、大きくなって嫌でも、汚い言葉をいっぱい覚えるのに、何も絵本の世界でそんなに多用しなくても・・・と思ったのが正直なところです。

    掲載日:2011/08/26

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(2.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット